文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

患者隔離の医療用テント増産、病院から注文相次ぐ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

増産が始まっている医療用陰圧テント(大阪府枚方市で)=浜井孝幸撮影

 新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、東京ドームの屋根など大型テントなどを製造する太陽工業(大阪市)が、患者を隔離して診察できる医療用テントの増産を進めている。

 テントは、ウイルスが外部に飛散しないように内部の気圧を低くした「医療用陰圧テント」(幅4メートル、高さ2.5メートル、奥行き5メートル)。

 テント内の空気の流れを一定方向に保つなど医療従事者の二次感染を防ぐ対策が取られており、2009年に新型インフルエンザが流行した際も国内外の医療機関に納入された。

 欧州や米国など世界中で新型コロナウイルスの患者が増え続ける中、病院や福祉施設からの注文や問い合わせが相次ぐようになった。4月だけで100基を製造予定で、大阪府枚方市の同社工場では、出荷前の検品作業などに追われている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

<PR情報>

最新記事