文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

松丸奨の「おとなの給食アレンジレシピ」

[ きょうの健康レシピ ]

エクササイズ・健康・ダイエット

インゲンと高野豆腐の他人丼…アレンジが利くレシピ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 小学校栄養士の松丸奨です。今日はどんぶりレシピ「インゲンと高野豆腐の他人丼」のご紹介です。高野豆腐が入っているのが給食レシピらしいポイント。良質なたんぱく質を含み、低カロリーな食材です。うま味を吸うので、汁気のある料理に合わせるとおいしくいただけます。

 食材として注目されるのはインゲンです。インゲンにはカロテンやビタミンCが多く含まれており、緑黄色野菜に分類されます。他にもアスパラギン酸やリジンも含まれており、疲労回復や肌の健康にも役立ちます。

 他人丼は、豚肉と鶏卵を使用しているので、親子丼ではなく他人丼といいます。親子丼との味の違いに気付くと思います。豚肉がなければ鶏肉でもOK。肉なしで卵丼でもOKです。冷蔵庫に余っているお肉であればアレンジが利くので、幅が広がるレシピです。ぜひ作ってみてください。

[作り方]

(1) タマネギはスライスにする。フライパンを中火で熱し、サラダ油を入れて、タマネギと豚肉と一緒に入れてフライパンで火が通るまでいためる。

(2) インゲンは下ゆでしてから水冷して、3等分に切る。高野豆腐は水につけて戻してから絞り、サイコロ状に切る。

(3) タマネギと豚肉に火が通ったら、インゲンと高野豆腐と調味料を入れ、一煮立ち。

(4) 溶き卵を入れて、フタをして中火で約30秒~1分。卵を固めたら完成。

(レシピ作成 栄養士 松丸奨)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

松丸奨の「おとなの給食アレンジレシピ」(金曜日)_20160101_人物大

松丸奨(まつまる すすむ)

東京・文京区立金富小学校栄養士。
1983年、千葉県生まれ。華栄養専門学校卒業。第8回全国学校給食甲子園優勝。塩分やカロリーが控えめで、だしや味つけ、彩りにこだわったレシピ作りに励んでいる。著書に、ママと子の「ごはんの悩み」がなくなる本 体も心も元気にのびのび育つ63の質問(サンマーク出版 )「子どもがすくすく育つ 日本一の給食レシピ」(講談社)

◇◇◇ ご購入はこちら ◇◇◇

松丸奨の「おとなの給食アレンジレシピ」の一覧を見る

最新記事