文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

後閑愛実&ゆき味「看取りのチカラ」

 大切な人を看取(みと)るとき、人は何を思い、看取りは、残された人々にどんなチカラを与えてくれるのか。後悔しない看取りについて、現役の病院看護師、後閑愛実さんが、ゆきさん作画の漫画と文章でつづります。

医療・健康・介護のコラム

後閑愛実&ゆき味「看取りのチカラ」2日スタート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 1000人以上の患者に関わってきた看護師が、患者の命の終わりを見つめる中で学んだ、大切な人が亡くなるときに後悔しないためにしてほしいことを、漫画と文章で伝えます。原案と解説は、病院に勤務する現役の看護師で、看取り(みとり)に関する講演などの経験も豊富な後閑愛実さん。作画は、ゆきさんが担当します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

mitorinochikara

後閑愛実&ゆき味「看取りのチカラ」
後閑愛実(ごかん・めぐみ)

原案・執筆 後閑 愛実(ごかん・めぐみ)
看護師
 群馬パース看護短期大学卒業後、2003年より看護師として病院に勤務。1000人以上の患者と関わる中で、様々な患者を看取(みと)る。看取ってきた患者から学んだことを生かし、看護師をしながら、13年から看取りの際のコミュニケーション方法について、研修や講演を通して伝えている。著書に「後悔しない死の迎え方」(ダイヤモンド社)。「月刊ナーシング」の連載「まんがでわかるはじめての看取りケア」の原作執筆担当(20年3月終了)。

ゆき味(ゆきみ)

作画 ゆき味(ゆきみ)
マルチクリエーター
 2017年、多摩美術大学卒業後、フリーの作家として、立体造形・映像作品・グラフィックデザイン・漫画制作を中心に活動。漫画やイラストの制作、MV制作、オリジナルキャラクターグッズ、広告やパッケージのデザインなど、幅広い制作を手がける。「まんがでわかるはじめての看取りケア」作画担当。NPO法人さかうえのプロモーション動画「加部安の時計~天明の祈り~」制作、編集担当。19年、YouTubeに「ゆき味アートチャンネル」を開設。

後閑愛実&ゆき味「看取りのチカラ」の一覧を見る

1件 のコメント

コメントを書く

終末期医療の中での緩和医療と看取りの仕事

寺田次郎 六甲学院放射線科不名誉享受

看取りを含む終末期医療には2つの問題があると思います。 1つは、主に医療サイドの、告知や緩和医療、延命医療の問題。 2つは、主に患者や家族サイド...

看取りを含む終末期医療には2つの問題があると思います。
1つは、主に医療サイドの、告知や緩和医療、延命医療の問題。
2つは、主に患者や家族サイドの、生活や死生観の問題。

1つ目ですが、病気と闘うという概念しかないと手詰まりになります。
治療の手立てが無くなってからという目線もありますが、大規模な医療機関に行くとオプションが見つかることがあります。
行うべきでないオプションもあります。
周辺医療機関との積極的な連携の誘導も含めて考える必要があります。

2つ目は答えのない問題ですが、なぜ、そのように考えたり感じたりするのかの部分の共有が治療オプションの中での選択や急変時の心変わりをある程度コントロールしうると思います。
あくまで、ある程度、という割り切りが大事だと思います。

諸々を考えた時に、(ノーリスクではない)積極的な治療による回復や延命にトライするということがその人や家族にとって正解なのか?
その人にとって、そこにある平穏な死に場所の方が幸福でありそうであれば、尊重してもいいのではないかと思います。

必ずしも主治医の口から語られるのが良い結果になるとも限りません。
死とか痛みとかのリアリティ、伝え方の問題やわからせ方の問題は難しいです。

実は、難しいのは、むしろ、世代間や世帯間のギャップではないかと思います。
同じ日本でありながら、ひどく違う文化や街中で生きている家族もいます。

言葉にすると簡単ですが、分かり合えない事、誰にも満足のいく結果や過程にならない事を個として集団として受け容れるために、何らかの教育システムは必要なのではないかと思いますし、医療チームの中で、医師に限らず説明や意見調整の得意なスタッフがいるのはいいことだと思います。
今は医療の転換期で、医師もスタッフも必ずしもそういう説明が上手な人間ばかりではありません。
その理解も大事です。

つづきを読む

違反報告

すべてのコメントを読む

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事