文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

スポーツDr.大関のケガを減らして笑顔を増やす

医療・健康・介護のコラム

感染症? 足が真っ赤に腫れて痛い!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 新型コロナウイルスの影響により、無観客で行われた大相撲春場所では、新たな大関が生まれましたね。朝乃山関にはけがをせず、活躍してほしいと思います。また東京オリンピック・パラリンピックの延期が決定しました。国内外で感染者数が増えていますが、これ以上、感染が拡大しないことを祈るばかりです。そのためにも、一人ひとりが正確な情報に留意し、常に冷静な行動を心掛けていただきたいと思います。さて、今回はお相撲さん、つまり力士のケースです。力士は普段から 裸足(はだし) で、土の上で稽古を行います。当たり前ですが、時に足から細菌が入り、感染症を起こすことがあります。

 23歳のZさんは15歳で相撲部屋に入門し、厳しい稽古の毎日を送っています。ある日、稽古を終えたとき、右の 下腿(かたい) 周囲が少し赤くなり、若干の痛みも感じました。それでも、特に気にせず日々の稽古を続けていたところ、赤みは下腿全体に広がり、痛みもひどくなっていきました。熱も出るようになったことで、親方に「医師に診てもらってこい」と言われ、病院を受診しました。

蜂窩織炎とは

 けがをした後に、傷口から細菌が入り、 化膿(かのう) した経験を持つ人は多いと思います。最近の都会暮らしの子供には、こういった経験が少ないかもしれません。

 実は、裸足で日々、激しい稽古をしている力士の場合、けがとは認識されないような小さな傷から細菌が侵入し、皮膚のバリアを破って、感染症を起こすことがよくあります。

 皮膚や皮下脂肪層に細菌感染したものを、蜂窩織炎(ほうかしきえん)と呼びます。採血をすると、白血球やCRP(炎症を表す数値)の値が上昇しますが、蜂窩織炎の特別な検査はありません。

抗生物質で治療

 蜂窩織炎では、溶連菌とブドウ球菌が原因となっているケースが多いため、これらに有効な抗生物質が投与されます。内服で十分な改善がない場合、もしくは症状がひどい場合には点滴で投与します。また、患部への負担をかけすぎないよう活動量を減らし、炎症を落ち着かせることも大切です。

 勘違いされていることがありますが、細菌とウイルスは大きく異なります。細菌に有効な抗生物質はウイルスには効きません。いわゆる「風邪」はウイルス感染なので、抗生物質で熱が下がるわけではありません。蜂窩織炎は細菌感染なので、抗生物質が有効です。

 それでは、Zさんの経過です。

 1日2回、朝と夕に抗生剤の点滴のため病院に通い、同時に消炎鎮痛剤の内服も行いました。日に日に症状は改善し、1週間後には赤みも腫れもほぼ引いていくと同時に、歩行時の痛みも消失していました。

何度も繰り返すことも

 力士の場合、仕方ないことですが、土の上で稽古を行う以上、蜂窩織炎を発症するリスクは高いと言わざるを得ません。一度治っても再発しやすくなります。稽古のあとは足の清潔には気を付けてもらいたいですね。また、運動会では裸足で走る人を見かけます。と言いますか、私も中学生の頃、裸足で走る方が速いと思って靴を脱いで走っていた一人でした。速くなるかどうかはさておき、土の上では足の裏に傷がつくことも考えておく必要がありますね。(大関信武 整形外科医)

【スポーツ医学検定のご案内】
 私たちは、スポーツに関わる人に体やけがについての正しい知識を広めて、スポーツによるけがを減らすために、「スポーツ医学検定」を実施しています。スポーツ選手のみでなく、指導者や保護者の方も受けてみませんか(誰でも受検できます)。

 第7回スポーツ医学検定の申し込みは締め切りました。次回は11月29日に開催します。申し込み開始については、 ホームページ やSNSで案内します。本文のイラストや写真の一部は、「スポーツ医学検定公式テキスト」(東洋館出版社)より引用しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

oozeki- nobutake_prof

大関 信武(おおぜき のぶたけ)

 整形外科専門医・博士(医学)、日本スポーツ協会公認スポーツドクター
 一般社団法人日本スポーツ医学検定機構代表理事

 1976年大阪府生まれ、兵庫県立川西緑台高校卒業。2002年滋賀医科大学卒業、2014年横浜市立大学大学院修了。2015年より東京医科歯科大学に勤務。野球、空手、ラグビーなどを通じて、野球肘、肩関節脱臼、アキレス(けん)断裂、骨折多数など自身が多くのケガを経験。スポーツのケガを減らしたいとの思いで、一般社団法人日本スポーツ医学検定機構を設立し、「 スポーツ医学検定 」を開催している。 現在、拓殖大学ラグビー部チームドクター、文京ラグビースクールコーチ兼メディカル担当。2019年ラグビーワールドカップでは選手用医務室ドクターを担当。八王子スポーツ整形外科、蓮江病院でも診療。

スポーツDr.大関のケガを減らして笑顔を増やすの一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事