文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

鶴若麻理「看護師のノートから~倫理の扉をひらく」

医療・健康・介護のコラム

登山で倒れた夫が脳死…臓器提供の話に取り乱す両親 しかし、妻は…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 40代夫婦が登山をしていたところ、山道で夫が突然倒れ、心停止の状態となった。ドクターヘリで搬送され、救命はできたものの「脳死とされうる状態」になった。救命医から妻と患者の両親に対して、病状説明と臓器提供という選択肢がある旨の話があり、看護師が同席していた。妻も患者の両親も、救命が困難であるという救命医の話に激しく動揺し、特に母親は泣き叫んでいた。

 臓器提供について、父親は「そんなこと突然言われても決められない! 息子に傷をつけてほしくない」「移植なんてダメだ。何とか息子を助けてください」と訴えた。そんな中、妻は、救命が困難であるとの話には目に涙をためて下を向いていたが、臓器提供の話になると、何か言いたそうに見えた。看護師が「奥様はどう考えていますか?」とたずねるが、母親が取り乱し、父親が強く拒んでいる中では、言葉を発しなかった。

 当時2年目だった看護師が、「妻の心のうちを、最後まで引き出すことができなかったのが悔やまれた」と語ってくれたケースです。最終的には、両親の判断で、臓器提供はしない方針になり、入院翌日には 看取(みと) りをしたそうです。「妻だけが知っている夫の意向、それに対する妻の考えがあったのではないかと推測されたけれども、両親に強く反対されてしまうと何も言えない立場であり、その両親の思いも十分に理解できる状況だった」と言います。

代理意思決定の支援

 この看護師は10年以上のキャリアを重ね、改めて、このケースを振り返りました。今の自分なら、「妻と両親を別々にして、臓器提供に関する思いを聞く機会を設けました。妻が知っている夫の考えを両親に伝えることができないのであれば、自分たちが間に入り、それぞれの考えや思いを共有できるようにする。その上で、かかわる人々すべてが納得した形になるようにアプローチを続けていく」と語ります。

 生命倫理の分野では、この看護師が語っていることを「代理意思決定の支援」と言います。「代理意思決定」とは、現在、判断能力のない患者が、もし、その状況で意思能力があったら行ったであろう決定を、家族などが代行することです。患者があらかじめ、事前の意思を示していない場合に行われる判断です。

 家族などの話により、患者の意思が推定できる場合は、その推定意思を尊重することになります。患者の価値観・人生観を考慮し、本人に代わって判断するのです。このように文章にしてみると、この代理意思決定のプロセスが、いかに難しいかが見えてきます。今までコラムでいくつかの事例を紹介してきたように、実際の医療現場では、事前の意思表示がない場合も多く、代理意思決定を検討することは日常的にあります。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

tsuruwaka-mari

鶴若麻理(つるわか・まり)

 聖路加国際大准教授(生命倫理分野)、同大公衆衛生大学院兼任准教授。
 早稲田大人間科学部卒業、同大学院博士課程修了後、同大人間総合研究センター助手、聖路加国際大助教を経て、現職。生命倫理の分野から本人の意向を尊重した保健、医療の選択や決定を実現するための支援や仕組みについて、臨床の人々と協働しながら研究・教育に携わっている。2020年度、聖路加国際大学大学院生命倫理学・看護倫理学コース(修士・博士課程)を開講。編著書に「看護師の倫理調整力 専門看護師の実践に学ぶ」(日本看護協会出版会)、「臨床のジレンマ30事例を解決に導く 看護管理と倫理の考えかた」(学研メディカル秀潤社)、「ナラティヴでみる看護倫理」(南江堂)がある。

鶴若麻理「看護師のノートから~倫理の扉をひらく」の一覧を見る

2件 のコメント

コメントを書く

ギャップ

りん

>特にこのケースでは、一人ひとり、個別に時間をつくって考えを伝えられる場が必要であったと思います。 そのための時間や対応するするスタッフを用意す...

>特にこのケースでは、一人ひとり、個別に時間をつくって考えを伝えられる場が必要であったと思います。

そのための時間や対応するするスタッフを用意するのが、臨床現場では本当に困難だったりします。やるべきこと、やりたいこと、と、できることのギャップに、日々悩まされています。

つづきを読む

違反報告

いざと言う時

momimomiwanko

テレビのドラマだったり、こうやって記事を第三者として読むのと、突然その場に立たされた人間として感じる思いは天と地ほど違うんだろうと思う。 交通事...

テレビのドラマだったり、こうやって記事を第三者として読むのと、突然その場に立たされた人間として感じる思いは天と地ほど違うんだろうと思う。

交通事故で人をはねた時も、記事だけ見れば逃げた奴は人間のクズのように見えるけど、誰もがそう言う弱い部分を持っているんだろう。

だからこそ敢えて「自分は弱い人間なんだ」と考え、いざと言う時の行動を誰にも何にも邪魔されないように、何度もインプットしておく必要があるのかも知れない。

つづきを読む

違反報告

すべてのコメントを読む

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事