文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ペットと暮らせる特養から 若山三千彦 

医療・健康・介護のコラム

[看取り犬・文福](1)重度認知症の高齢者が劇的回復 元保護犬の特別な力

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 「 (ぶん)(ぷく) 、ありがとう」

 唇がかすかに動いたかと思うと、次の瞬間、佐藤トキさん(仮名)は静かに息を引き取りました。その傍らには、文福がしっかりと寄り添っていました。

10人以上を看取った文福 認知症も癒やす

[看取り犬「文福」] 重度認知症の高齢者が劇的回復 元保護犬の特別な力

入居者をベッドで看取る文福

 特別養護老人ホーム「さくらの里 山科」で暮らす文福は、柴犬系の雑種で推定10歳。保護犬(保健所から引き取られた犬)出身で特別な力を持っています。同じユニット(※)で暮らすご入居者様が亡くなるのを察知して、その傍に寄り添い、最期を ()() るという行動をとるのです。と言うと、みなさんは「そんなばかな」とおっしゃるかもしれません。しかし、これはれっきとした事実なんです。私たちのホームで、文福はもう10人以上のご入居者様が亡くなるのを看取ってきました。文福のおかげでご入居者様方は、穏やかに、安らかに旅立つことができました。

 文福が、ご入居者様を看取る活動が、あまりにも驚異的だったので、拙著「看取り犬・文福の奇跡」では、その看取り活動にスポットを当てました。しかし、文福の特別な力はそれだけじゃありません。文福の最も奇跡的な力は、認知症を癒やす力なんです。

 私たちが、文福の二つの力、ご入居者様のご逝去を予測して看取る力と、認知症を癒やす力の真価を理解したのは、佐藤さんが入居した時のことです。

 佐藤さんは入居時、80歳代で、重度の認知症のため、息子さんの名前も顔もわからなくなっていました。感情を表すこともなく、いつも無表情で、言葉を発することもほとんどなくなっていました。息子さんが声をかければ、食事をしたり、トイレを使ったりはできるのですが、自らそのような動きをとることはありませんでした。重度の認知症の典型的な状態の一つと言えます。

言葉を発することもなかったのに、笑顔で「ポチや」

 息子さんたちは、佐藤さんが犬好きだったことから、「犬と一緒に暮らせる老人ホームに入れれば、少しでも元気になるかもしれない」とわずかな望みを託して、さくらの里山科を選んだのでしょう。「ダメでもともと」という気持ちだったと思いますが、その結果は、息子さんたちの期待をはるかに上回るものでした。

 入居して数日後、佐藤さんは文福が近寄ってくるのを見ると、笑顔で「ポチや」と呼びかけて、抱きしめたのです。文福はギュッと抱きしめられても、めちゃくちゃになでられてもおとなしくしており、佐藤さんの顔をペロペロなめていました。

 ごくささやかなことですが、自ら動くこともない、言葉を発することもない佐藤さんが、犬に呼びかけて抱きしめたのは、息子さんにとっては信じられないことでした。ここから、佐藤さんの劇的な回復が始まったのです。ちなみにポチとは、読者の皆さんのご想像通り、佐藤さんが昔飼っていた犬の名前です。

 ※ユニット さくらの里山科の場合、居室10室(完全個室制です)と、共有のリビング、キッチン、3か所のトイレ、浴室、脱衣室で構成された区画のこと。玄関もあり、一つの独立した住居のようになっている。いわば10LDKのマンションのようなつくり。さくらの里山科は、短期利用のショートステイまで合わせると120人の定員となり、12のユニットが置かれている。そのうち2階の2ユニットが犬と一緒に暮らすユニット、2階の別の2ユニットが猫と一緒に暮らすユニット。各ユニットの中で、犬や猫は自由に暮らしている。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

wakayama_michihiko_bunpuku_200-200

若山 三千彦(わかやま・みちひこ)

 社会福祉法人「心の会」理事長、特別養護老人ホーム「さくらの里 山科」(神奈川県横須賀市)施設長

 1965年、神奈川県生まれ。横浜国立大教育学部卒。筑波大学大学院修了。世界で初めてクローンマウスを実現した実弟・若山照彦を描いたノンフィクション「リアル・クローン」(2000年、小学館)で第6回小学館ノンフィクション大賞・優秀賞を受賞。学校教員を退職後、社会福祉法人「心の会」創立。2012年に設立した「さくらの里 山科」は日本で唯一、ペットの犬や猫と暮らせる特別養護老人ホームとして全国から注目されている。20年6月、著書「看取みといぬ文福ぶんぷく 人の命に寄り添う奇跡のペット物語」(宝島社、1300円税別)が出版された。

ペットと暮らせる特養から 若山三千彦 の一覧を見る

3件 のコメント

コメントを書く

偶然知りました

ヒロ

たまたま読んだ記事で文福を目にして、その生活に胸を熱くしております。一頭の元気な犬を預かり、文福と名付け一緒に暮らし、さくらの里にお届けし、頭が...

たまたま読んだ記事で文福を目にして、その生活に胸を熱くしております。一頭の元気な犬を預かり、文福と名付け一緒に暮らし、さくらの里にお届けし、頭が良くて愛敬はあれど、元気の良すぎるところもあり、不安はありました。しかし、職員の皆様や入居者の皆さまにも愛されて、文福も皆さまの愛情に応えているとのこと、大喜ともども本当にありがたいご縁でした。

つづきを読む

違反報告

夢の施設

569

 はじめまして。九州の田舎で介護事業所を運営しております。 記事、読ませていただきました。 弊社では、5年前にサービス付き高齢者向け住宅を開設い...

 はじめまして。九州の田舎で介護事業所を運営しております。
記事、読ませていただきました。
弊社では、5年前にサービス付き高齢者向け住宅を開設いたしました。私は、『住み替え後も、相棒と暮らせるサ高住』を作り、運営したかったのですが、周囲の大反対に遭い、断念しました。現在もペット禁止となっております。
 貴施設のような方法もあったのかと、目から鱗です。もっと貴施設のことが知りたいです。

つづきを読む

違反報告

動物と暮らすこと

はぴりん

このコロナウィルスにより、ステイホームを心がけ、外で色々を発散が出来ない最中… 我が家では犬、猫を飼っており、外に行かなくなった分、ペット達に触...

このコロナウィルスにより、ステイホームを心がけ、外で色々を発散が出来ない最中… 我が家では犬、猫を飼っており、外に行かなくなった分、ペット達に触れ、話かける時間も多くなった… 彼等は話す事は出来ないし、泣いたり笑ったりする事も出来ないのに…仕草や表情は俳優や女優の様に素晴らしく…そんな姿に飼い主は癒やされる… こちらの気持ちを透視しているかの様に、辛かったり悲しかった時には、手や顔を舐めてヨシヨシとこちらの気持ちを受け止めてくれたり… 逆にペットからの要求も、もちろんあり、何か要求がある時には、行く手も塞ぎ吠えたり、甘えたり、じっとこちらを見つめて上目遣いをしたり、顔の表情や可愛いポーズを取ったりして、見事な表現力でこちらにアピールしてくる… 
利害を求めない信頼関係があるからお互いを癒やし合える… 
人間同士はどこかで利害関係を考慮しながら
関係作りをしている…
動物の人間に対する純粋な信頼感…貢献心…本当に素晴らしいと…
文福ちゃんの利用者さんへの愛、信頼、貢献心… お給料を頂いてもいい位、いやお金に換算出来ない仕事をしている素晴らしい社員さんだと思います… 記事を読み、素晴らしい介護だなぁ…と感動させられました

つづきを読む

違反報告

すべてのコメントを読む

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事