文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

初の外出自粛、銀座・横浜・ミナミに人影まばら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

外出自粛要請で、閑散とした銀座(28日午前10時、東京都中央区で)=泉祥平撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、東京、大阪、神奈川、埼玉などの各自治体が週末の外出自粛を呼びかけた28日、銀座や大阪・ミナミ、横浜といった国内有数の繁華街は人もまばらで、街は静寂に包まれた。

 週末になれば、普段は午前中から多くの買い物客でにぎわう銀座。外出自粛要請を受けて、この日は、週末恒例の歩行者天国も中止になり、人通りもほとんどなくなった。

閑散とする横浜赤レンガ倉庫(28日午前10時40分、横浜市中区で)

 商業施設も感染拡大防止のため、28、29の両日、「松屋銀座」は臨時休業を決め、「GINZA SIX(ギンザシックス)」も一部店舗を除いて営業を取りやめた。「銀座三越」は営業時間を通常よりも3時間短縮した。

 夫婦で食料品を買いに来たという東京都台東区の男性(62)は「人通りが、いつもの土曜日の1割程度になっており、活気がなくさみしい。営業を控える飲食店も多く、感染拡大が少しでも早く収まってほしい」と話していた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事