文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

【特別編】高知東生氏 ドラッグで逮捕され、死も考えた――。

シリーズ「依存症ニッポン」

高知東生氏 4年目の覚悟と決意(上) クスリの口実になる、ストレスを探していた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
高知東生氏インタビュー(上) クスリの口実になる、ストレスを探していた

 イケメンのバイプレーヤーとして、映画やテレビで大活躍をしながら、2016年、覚醒剤取締法違反、大麻取締法違反容疑で逮捕された。後悔、反省、そして 贖罪(しょくざい) への思いは本物なのか? 2時間半に及んだロングインタビューですべてを話す。

芸能界への罪は、これから背負っていかなくてはいけない

――4年前に覚醒剤取締法違反、それに大麻取締法違反(いずれも所持)で逮捕されました。懲役2年の有罪判決を受け、現在は執行猶予中(4年)です。今回、俳優としては約5年ぶりに、3月31日公開の動画サイトのドラマに出演しました。

 今回、話をいただいたのは、どちらも依存症啓発のドラマです。自分自身が薬物依存から立ち直り、生き直したいと思っているので、ありがたいお話だと思いました。

――芸能界、俳優の世界に復帰すると理解していいのですか? おそらく、「早すぎる」などの厳しい批判も出てくると思います。

 自分の口から「役者に復帰する」などと言うつもりはありません。

 芸能界に対しては、本当に深く責任を感じています。自分がやったことで、同じ世界でがんばっていた同業者や関係者などが、「やっぱり芸能界は……」と見られてしまうようになりました。もちろん、芸能界でもほとんどの人は、自分で夢を追い、(薬物などとは無縁で)がんばっています。

 この責任は背負っていかなくちゃいけない。

 ただ、僕自身は25年近く芸能界でやらせてもらった、ある種の職人です。今現在の、そしてこれからの生き方を見ていただいて、「必要だ」とされる場所があるのならやらせていただきたい。そんな気持ちです。

id=20200326-027-OYTEI50002,rev=2,headline=false,link=true,float=center,lineFeed=true

「介護のための引退」とは言ったことはない

――表立って、「俳優復帰です」とは宣言しない、と。ただ、当時の報道を見ると、逮捕されたのは「妻の父親の介護」を理由に、芸能界引退を宣言した後だったようですが。

 言い訳がましく聞こえるかもしれませんが、当時、「親の介護のために引退」とは一言も言っていなかったんです。美容・健康産業でのビジネスをスタートさせることが、役者を休業した最大の理由でした。

 元妻(女優の高島礼子さん)のお父さんのケアは本当のことで、夫婦2人が仕事をしながらやっていく必要があった。そんな介護の中で知りえたことや感じたことなどを、自分のビジネスの中にも生かしていきたいとは考えていました。その仕事に本気で取り組むためには、役者との両立は難しい。そこで、所属プロダクションの社長に休業を申し出て、了解をしてもらいました。俳優は仕事がなくても俳優です。わざわざ引退する必要はありません。

 ところが、ワイドショーなどでは、「親の介護のために引退」と大々的に報じられたんです。夫婦で「はあ?」という感じでしたが、今さら「それは違います」と言う場所もないので、「いいよ、いいよ、放っておこう」となったのです。

――俳優をやめたわけではなく、新しい仕事に注力するための休業だった?

 そうです。その後、テレビや雑誌なんかでコメントを求められるたびに、引退ではないことを伝えてきたし、元奥さんもそう説明をしてきました。

――そちらは報じてもらえなかった。

 そうですね。

――「義父の介護をするための芸能界引退」と美談的に認識されたことで、薬物での逮捕の印象は、はるかに悪くなってしまいました。

 その通りです。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

someya_prof

染谷 一(そめや・はじめ)

読売新聞東京本社メディア局専門委員
 1988年読売新聞社入社、出版局、医療情報部、文化部、調査研究本部主任研究員、医療ネットワーク事務局専門委員などを経て、2019年6月から現職。

シリーズ「依存症ニッポン」の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

【特別編】高知東生氏 ドラッグで逮捕され、死も考えた――。

最新記事