文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

ユーチューブ画質、全世界で一時引き下げ…利用急増受け

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 米グーグルは24日、運営する動画投稿サイト「ユーチューブ」の画質を全世界で一時的に引き下げると発表した。新型コロナウイルスの感染拡大を受けて外出制限措置を取る国が増えた影響で、サービスの利用が急増していることへの対応だ。日本も対象で、1か月程度続ける見通しだ。

 パソコンなどでユーチューブの動画を視聴する際、最初に表示される動画が、インターネット通信量が少なくて済む低画質の状態に設定される。通信の負荷を軽減する狙いだが、利用者が自分で調整し、高画質に戻すこともできる。欧州連合(EU)や英国などでは今月20日から実施している。

 外出制限や在宅勤務により、動画視聴だけでなくビデオ会議やオンライン授業などの機会が増え、ネット通信量は世界的に急増している。外出制限のない日本は通信網への影響が限定的だが、欧米ではデータ負荷の拡大が問題化している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事