文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

各国の五輪委や競技団体は「歓迎」…IOCの延期検討

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 国際オリンピック委員会(IOC)が延期を含めて検討すると発表したことを受け、各国のオリンピック委員会や競技団体から歓迎や容認の声が相次いだ。(ニューヨーク 福井浩介、ロンドン 岡田浩幸)

 米国オリンピック・パラリンピック委員会は22日、「我々の懸念やニーズを聞き、できるだけ早く対処するよう努めていることに感謝している」とした。同時に選手に対し、「充実した五輪とパラリンピックの経験ができるよう、引き続き代替案を模索する。五輪の精神を生かし続ける解決策を一緒に見つけよう」と呼びかけた。

 英国オリンピック委員会(BOA)は、ヒュー・ロバートソン代表が「IOCの決定を歓迎する。しかし、まだ不安定な状況に直面している選手のためにも、早急な意思決定を求める」と語ったと、ロイター通信が報じた。また、BOAや英国パラリンピック委員会などは同日、幹部らによる電話会議を24日に行い、国内選手の練習環境や今後の対応について協議すると発表した。会議には選手の代表者も参加するという。

 「延期の議論を歓迎する」との声明を22日に発表したのは世界陸連。IOCや他の競技団体とともに代替日程を検討する準備ができているとした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事