文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

IOC会長が選手にメッセージ「人命がすべてに優先される」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長は22日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けてIOCが東京五輪の延期も検討すると決めたことに際し、選手に向けた次のメッセージを発表した。

 「みなさんのように、私たちもCOVID―19(新型コロナウイルスによる疾病)が人々の生活に与える影響を非常に心配している。人命が大会の開催も含めたすべてに優先される。IOCは関係者全員の健康を守り、ウイルス封じ込めに貢献することを主な原則とした。東京大会に関するすべての決定において、これを順守することを保証したい」

 「しかし、私たちが共有しているのは途方もない不確かさだ。この不確かさは、このウイルスとの闘いがどれだけ続くかについて、誰も確実に信頼できる発言ができないことが根本にある。そのため、残念ながらIOCもすべての質問に答えることができない。異なる大陸の様々な国でウイルス感染の急増と新たな発症が見られた。これが、シナリオを次の段階へと進めなければならない理由だ」

 「私たちは、今後4週間以内に議論を結論づけることができると確信している。この暗いトンネルがどれだけ長いかわからないが、私たちはともに通り抜けていく。五輪の聖火は、このトンネルの終わりを照らしてくれるはずだ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事