文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

教えて!ヨミドック

医療・健康・介護のニュース・解説

新型コロナ 感染の特徴は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

軽症者からの広がりも

新型コロナ 感染の特徴は?
id=20200323-027-OYTEI50007,rev=2,headline=false,link=true,float=left,lineFeed=true

   新型コロナウイルスの感染の広がりが心配ね。ほかのウイルスと比べてどのくらいリスクが高いの?

  ヨミドック  新型コロナウイルスのリスクの目安=図参照=を示してみましょう。現時点で公表されたデータに基づいています。

  あ、一目瞭然。

  「病原性」は、その病気による致死率のことで、鳥インフルエンザやMERS(中東呼吸器症候群)、SARS(重症急性呼吸器症候群)よりも低い。1人が何人に感染させるかの目安である「感染力」は、麻疹(はしか)ほどではないけれど、SARSなどより高い。また、症状の軽い感染者からも広がっていくのが特徴と言えますね。

  一番下の「コロナウイルスによる風邪」って何? 

  人に日常的に感染するコロナウイルスは4種類あり、風邪全体の10~15%、流行期は35%程度を占めると言われています。一般的な風邪のウイルスです。このウイルスだけはデータが乏しいので便宜的に加えました。流行している「新型」と比較するためです。

  感覚的、視覚的に捉えれば、新型コロナは「季節性インフルエンザに似ているが、それより厄介」で、リスクはこのあたりということね。

  その通り。ただし、現時点では、新型コロナにはインフルエンザのような治療薬やワクチンがない点も考慮する必要があります。

id=20200323-027-OYTEI50009,rev=2,headline=false,link=true,float=left,lineFeed=true

  どれくらい心配すればいいの?

  高齢者や持病がある人を除けば、軽症で治ることが多い。発熱やせき、強いだるさといった風邪と似た症状が表れる。こうした症状は1週間程度続くことが多い――などの特徴を知って、冷静に対応してください。

  この図の、新型コロナウイルスの「位置」はずっとこのまま?

  今後の状況次第で変わります。拡大防止策や予防がうまくいけば、感染のリスクを低く抑えられ、重症化する人も減ってきます。だからこそ、みんなで協力して感染の拡大を防ぎたいですね。

 (取材/鈴木敦秋、取材協力=川名明彦・防衛医大教授、岡部信彦・川崎市健康安全研究所長)

 ヨミドックは読売新聞の医療サイト・ヨミドクターのお医者さんキャラクターです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

教えて!ヨミドックの一覧を見る

最新記事