文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

「WHO職員がここまで来るのか」…問い詰められた男は逃走

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 新型コロナウイルス感染症の検査費用と称し、男性から現金をだまし取ろうとした男が21日、詐欺未遂の疑いで静岡県警袋井署に逮捕された。コロナウイルスを利用した詐欺事件の検挙は県内初とみられる。

 逮捕されたのは、同県袋井市泉町、会社員の男(31)。発表によると、男は21日午前10時40分頃、同県森町に住む農業男性(72)に対し、日本WHO(世界保健機関)協会職員になりすまし、「このあたりでコロナウイルスの患者が出たので、一軒一軒調べています」とうそをつき、感染症の検査費用として、男性から現金をだまし取ろうとした疑い。

 男性が男の身分を聞き、「WHO職員がここまで来るのか」と不審に思い、その場で問い詰めると、逃走したという。男性はその後すぐに森町役場に、「怪しい人が来ている」と連絡。警察が現場付近を捜索すると、男を発見、職務質問を行い、逮捕に至った。

 同協会は実在する公益社団法人で、男は、WHOのロゴと偽名の書かれた偽のネームプレートを首から下げていたという。同署は認否を明らかにしていないが、余罪や動機を調べている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事