文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

トランプ氏、カナダ国境を一時閉鎖の意向…米死者100人超

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 【ワシントン=船越翔】米国内の新型コロナウイルス感染による肺炎の死者数が17日で100人を超えた。米政府機関や自治体は、市民の外出規制などを含めて対策強化を急いでいる。

 米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)の18日午前(日本時間18日夜)時点の集計では、米国内の感染者は5881人、死者は107人となった。州別の感染者数は、北東部ニューヨーク州が最多の1374人、次いで西海岸のワシントン州が907人だった。2月末時点で全米約60人にとどまっていたのがこの3週間足らずで急増している。

 タイムズ紙によると、17日までに全米50州と首都ワシントンの全てで感染者が確認された。トランプ大統領は18日、カナダとの国境を一時的に閉鎖する意向をツイッターで明らかにした。不要不急の往来が対象で、貿易は継続するという。

 感染が急速に広がるニューヨークのデブラシオ市長は17日、48時間以内に外出禁止令を出す可能性があると発表し、市民に準備を呼びかけた。実行されれば約850万人の行動が制限されることになる。

 サンフランシスコでは既に外出禁止措置がとられている。特段の事情がある場合を除き全市民が対象で、17日から3週間にわたり実施される。

 ペンス副大統領は17日、現場の医療機関の負担を減らすため、米軍が野戦病院として使っている移動式の病院を感染者の多い地域に配備する考えを明らかにした。一部の州からの米軍への支援要請に応じた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事