文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

認知症介護あるある~岡崎家の場合~

医療・健康・介護のコラム

「雰囲気」重視だけど、「近くて便利」も捨てがたい 理想の施設はどっち?…特養入所大作戦(4)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
「雰囲気」重視だったけど、「近くて便利」も捨てがたい 理想の施設はどっち?…特養入所大作戦(4)

漫画・日野あかね

一度入ったら、やり直しができない

 申し込みをした特別養護老人ホーム(特養)のうちの一つから「入所の順番が次になりました」と連絡があり、父さんが入所する特養が決まりつつあります。

 胸をなでおろした反面、実は「本当にこの特養でいいの?」と考えてしまう部分もあったのです。特養に一度入所してしまうと、施設の入所順を決める持ち点が0になってしまうと聞いたためです。そうなると、特養の待機者が数百人に上る現状では、よほどの事情がない限り別の特養に移動することはできません。

 私たちの住む街では、同時に5施設まで申し込むことができますが、希望順位はつけられません。「入所したい特養はここだけ!」と決まっているなら、申込書に一つだけ施設名を書くこともできるのですが、我が家のように切羽詰まった状況では、上限まで申し込んでおいて、一番早く順番が回ってきた特養に入所する流れがいいだろうと、ケアマネジャーからアドバイスを受けていました。

 その助言通りに申し込みをした5施設は、すべて自分たちの目で見て納得して選んだものの、心の中で何となく序列ができていたことは否めません。

第1希望は、雰囲気が最高! でも、いつ入所できる?

 私と母さんの第1希望は同じでした。そこは敷地内に菜園を持ち、採れた野菜を施設の入り口で販売しているため、地域との交流もあるようです。ホールに置かれたグランドピアノをボランティアの人が弾きに来て、カラオケ大会を開催。デイサービスに通い始めてから、カラオケに目覚めた父さんが喜ぶ顔が浮かびました。母さんが特に「ここだ!」と思った点は、ほかの施設よりも、男性入所者や比較的元気な方が多いということでした。

 ただ、私たちが重要視していた「面会の行きやすさ」の点では、いまひとつ。実家からのバスの本数が多くなく、施設の最寄りのバス停から、畑しかない道を10分近く歩きます。かかりつけの病院からはかなり遠く、通院の際は介護タクシーが必須。何かあればほかの病院へ運ばれるでしょう。

 それでも、雰囲気がとても良く、父さんが楽しく暮らす姿を想像できたことが、それらのデメリットを上回る魅力だったのです。ところが申込書の再提出をしても、その特養の入所順位はあまり上がりませんでした。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

column_aruaru-200re

認知症介護あるある~岡崎家の場合~

岡崎杏里(おかざき・あんり)
 ライター、エッセイスト
 1975年生まれ。23歳で始まった認知症の父親の介護と、卵巣がんを患った母親の看病の日々をつづったエッセー&コミック『笑う介護。』(漫画・松本ぷりっつ、成美堂出版)や『みんなの認知症』(同)などの著書がある。2011年に結婚、13年に長男を出産。介護と育児の「ダブルケア」の毎日を送りながら、雑誌などで介護に関する記事の執筆を行う。岡崎家で日夜、生まれる面白エピソードを紹介するブログ「続・『笑う介護。』」も人気。

hino-117-fin

日野あかね(ひの・あかね)
 漫画家
 北海道在住。2005年にステージ4の悪性リンパ腫と宣告された夫が、治療を受けて生還するまでを描いたコミックエッセー『のほほん亭主、がんになる。』(ぶんか社)を12年に出版。16年には、自宅で介護していた認知症の義母をみとった。現在は、レディースコミック『ほんとうに泣ける話』『家庭サスペンス』などでグルメ漫画を連載。看護師の資格を持ち、執筆の傍ら、グループホームで介護スタッフとして勤務している。

認知症介護あるある~岡崎家の場合~の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事