文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

産業医・夏目誠の「ハタラク心を精神分析する」

医療・健康・介護のコラム

53歳の会社人間が希望退職者候補に……息子の気持ちに気づいて再スタート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 1月後半に、53歳の西野太郎さん(仮名)は、落ち込んで出社する気力をなくしました。かかりつけの内科主治医を受診しましたが、特に異常所見はありませんでした。紹介状を持って、妻と同伴で私が診療するメンタルクリニックを受診しました。

ふさぎ込む日が続いた

 

53歳の会社人間が希望退職者候補に……息子の気持ちに気づいて再スタート

イラスト 赤田咲子

私   :井山内科主治医の紹介ですね。過労で落ち込んでいるようですが。

西野さん:僕はメンタル不調ではないので、来たくありませんでした。まともですよ。紹介状を書いてくれたので来たんですが。

妻         :夫は元気がなく、ふさぎ込む日が多かったから、心配なので受診させました。

私   :眠れていないようですが。

西野さん:(怒りながら)当然ですよ。10月に、会社の「希望退職者リスト」に挙げられたんですから。しっかり働いてきたのに。

私   :会社の業績が悪いから?

西野さん:国内マーケットのみの販売企業で、ここ3年、売り上げ低下で、去年は赤字決算になりました。

50歳以上が希望退職候補……怒りで眠れず

私   :固定経費を減らすための希望退職ですね。

西野さん:人件費が高い50歳以上が対象で、割り増し退職金は1500~2500万円です。

私   :会社への怒りが。

西野さん:そうです。休日も接待などで犠牲にし、長時間労働にもめげずに働いてきたのに。

(ますます怒りが強まって)突然、希望退職とは! おかしい。納得できない。

私   :なるほど。

妻   :夫の言うとおりです。帰宅もいつも0時過ぎ。家族旅行もなしですよ。

(実感を込めて)会社って、非情ですね。

西野さん:妻の言うとおりだ。

私   :最近、体調は?

西野さん:夜中や早朝に何度も目が覚めます。眠りも浅いです。

私   :まず、眠れるように睡眠導入剤を処方します。イライラしているので、抗不安剤も出しておきますね。

西野さん:副作用はないでしょうね。

私   :あまりないですよ。

西野さん:わかりました。

私   :ぐっすり眠れ、イライラが収まってからカウンセリングをします。

西野さん:カウンセリングしたって、何も変わらないだろう。

妻   :今後のためにですね。

 その後、カウンセリングを行いました。希望退職面談の内容を再現します。

50歳代の給与は若手の3倍、対象者面談

 12月に西野さんは面談を受けました。会社側は常務取締役、人事部長、直属部長の3名です。

会社担当者:お忙しい時に来ていただき、ありがとうございます。

西野さん:何のお話ですか?

会社担当者:ご存じのように直近3年間、売り上げが落ち、この2年、実質赤字です。会社立て直しのための経営会議で決定しました。

西野さん:うーん。

会社担当者:売却できる資産はもうなく、将来的にも、明るい見通しが持てません。来期も赤字が予想されています。そこで経費の5割を占めている、人件費をカットするしかないと、決定しました。

西野さん:(声を振り絞って)なぜ、会社のために滅私奉公で働いた、50歳代がターゲットになるのですか?

会社担当者:50歳代の平均年収は1100万円です。若い人の年収は400万円ぐらいです。若者の3倍もらっている方が対象になるのは致し方ないかと。

西野さん:年功序列の賃金体系で、若い時は安月給でした。(怒りながら)今になって高給と言われても……理不尽ですよ。

割り増し退職金は、おわびの気持ち込み

会社担当者:申し訳ないです。経営者3名が責任をとって退任します。補充はなしです。次に1500~2500万円の割り増し退職金を付けます。さらに再就職 斡旋(あっせん) 会社に委託しましたので、相談に行けますよ。

西野さん:一生懸命働いたのは、同期の人事部長はご存じでしょう。

会社担当者:会社全体の取り組みなので。

西野さん:(怒気強く)納得できない!

会社担当者:では、1月に面談しましょう。

西野さん:(捨てぜりふ)辞めませんよ。

 西野さんとのカウンセリングの過程で、ポイントになるエピソードだと思いますので、5年前、高校3年生の長男(現在は会社員)との激しいやり取りを再現します。

「会社一筋はダサイ」と長男

西野さん:和夫(仮名)、受験はどうだ。一流大学法学部を目標にしているんだろう。

長男の和夫さん:違うよ。建築系が希望、そこそこのレベルの大学でいいんだ。

西野さん:一流企業に就職できないぞ。給与も安く、不安定で、将来性も分からないだろう。お父さんのような一流企業に入社すれば安泰だ。

和夫さん:(吐き出すように)一流企業でも、家庭は見向きもせず、やりたいことを我慢しなければならないなら、嫌だ。オヤジのような人生はゴメンだ。

西野さん:(怒鳴りつけるように)なに、生意気な! 一人前の口をきくな。

和夫さん:僕は、家はいらない。車やブランド品も買わない。高収入でなくても暮らせるよ。結婚もしないかもしれない。幸せと思えないからだ。オヤジのように会社一筋って、ダサイ……。

西野さん:(怒気強く)何がダサイんだ。今の生活ができているのは誰のおかげだ。

和夫さん:それを言ったら、おしまいだよ。部屋から出てってくれ!

自分のライフスタイルを最優先

和夫さん:(怒りを鎮めながら)自分のやりたいこと、ライフスタイルを選びたいだけだ。

西野さん:後で後悔するぞ!

和夫さん:しないよ。将来、年収500万円あれば生活できる。

西野さん:名もない会社で……。

和夫さん:与えられた仕事はこなすが、自分の時間は好きなことができる会社を目指すよ。

西野さん:お前の考え方がわからない。

和夫さん:僕はお父さんの考えが理解できない。平行線だね。

 カウンセリングの続きです。

今、長男の考えが理解できた

私   :息子さんとのやり取りを、よく話してくれました。

西野さん:希望退職面談に3回行って、やっと今になって、息子が言ったことが理解できました。家庭や好きなことを犠牲にしたのは、会社の要請もあったが、半分以上は出世したい私の欲望でした。(しみじみと)会社依存でしたね。会社も、それをうまく利用したんだろう。

私   :なるほど。悟ったね。

妻   :でも、妻として、夫は、懸命に働き、家族を支えてくれたのを理解していますよ。お父さんは、頑張ったよ。

西野さん:(感情がおさまらず)悔しい。情けない。でも結果は結果。今後のことは家族と話し合います。

私   :一流企業だから、恵まれた割り増し退職金でした。一流企業に就職したメリットもあったわけですから、後は、あなたの判断ですよ。

 若者と中高年者のギャップが言われていますが、中高年者は会社への依存や一方的な思い込みが強い。一方、若者は親世代を見ながら育ったので、現実的です。

 最後に、「マコトの一言」で締めさせていただきます。

id=20200318-027-OYTEI50003,rev=2,headline=false,link=false,float=center,lineFeed=true
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

natsume-prof

夏目誠(なつめ・まこと)
 精神科医、大阪樟蔭女子大名誉教授。長年にわたって企業の産業医として従業員の健康相談や復職支援に取り組み、メンタルヘルスの向上に取り組んでいる。日本産業ストレス学会前理事長。著書に「中高年に効く! メンタル防衛術」「『診断書』を読み解く力をつけろ」「『スマイル仮面』症候群」など。新著は企業の人事や産業医向けの「職場不適応のサイン」。ブログ「ストレス点数の夏目」はこちら

産業医・夏目誠の「ハタラク心を精神分析する」の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事