文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

厚労省「説明が足りなかった」、新型コロナのクラスター地図を修正

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 厚生労働省は17日、新型コロナウイルスの小規模な感染集団(クラスター)の発生場所を示した「全国クラスターマップ」を修正した。自治体からの異論を受けてクラスターの定義などを再検討した結果、同日正午時点で2か所減の13か所になった。大分県と和歌山県が対象から外れた。

 厚労省は今回、同じ場所での接触が明らかな感染者が5人以上いる状況をクラスターと定義。離れた場所で起きた二次感染や家族間の感染を除外した。マップで示す感染者数の規模も、当初あった「50人以上」をなくし、「10人以上」「5人以上」の2段階とした。

 大分、和歌山以外では、千葉県や神奈川県などの規模や発生箇所数にも変更があった。

 マップを巡っては、クラスターが生じたとされた大分県から「起こっていない」との反論が出ていた。厚労省の担当者は「説明が足りなかった。申し訳ない」と話している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事