文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

【意思決定】「想(おも)い」を支える(5)患者である前に生活者

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
【意思決定】「想(おも)い」を支える(5)患者である前に生活者

 押富俊恵さん(38)は、24時間人工呼吸器をつけている。三つのステーションと契約し、毎日2回、訪問看護師が来る。たんの吸引や体調管理、点滴、排せつなどのケアなしには今の暮らしが成り立たない。

 昨年秋、愛知県の自宅マンションで、一つのステーションの女性管理者と、少し後味の悪いやりとりをした。

 女性は、訪問範囲の変更により、別のステーションに替わることになると伝えにきた。引き継ぎをする日程も決めていた。何度も強調したのは、押富さんに対して「質の高いケア」を提供することだ。

 ありがたい言葉だと思いつつ、なぜだかモヤッとした。理由をあれこれ考えて、変更に際し、何ひとつ自分の要望を聞かれなかったからだと思い至った。

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

最新記事