文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

夫と腎臓とわたし~夫婦間腎移植を選んだ二人の物語 もろずみ・はるか

医療・健康・介護のコラム

病は恋の起爆剤? がんになった母は父に…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

「私、嫉妬しとるんやろうか」

 私の母も、病をきっかけに父への恋心を再燃させた一人だ。両親は、私が物心ついたときには、もう、男女の関係にはなかった(と思う)。仲が悪かったわけではないけれど、2人の間に艶っぽい会話はゼロ。キスやハグをする姿など、一度も見たことがない。

 ところが、母が64歳で卵巣がんを患うと、両親の関係性は変わった。

 それまでの父は社交的で、毎日、地元の弓道場に通い、一度行ったら数時間は戻ってこなかった。一方、がんを患う前の母も、「夫不在でこれ幸い」といった感じで、趣味に没頭していた。それが、がんを患うや、母の矢印は父に向いたのだった。

 ある時、母が、ため息まじりにこんなことを言った。

 「お父さんが、弓道の女友達の話ばかりするんよ。ヤな感じ…。私、嫉妬しとるんやろうか」

 私は、「母は、40年ぶりに父に恋をしているのだ」と思った。母はおしゃれに無頓着な人で、フルメイクした母の顔を見たのは、兄や私の結婚式くらいだった。そんな母が、自ら薬局で買ってきたというブルーのラメ入りアイシャドーで、おめかしするようになった。

 父も変わった。母がいよいよホスピスに入ると、一日のほとんどを、母のいる病院で過ごすようになった。父は母の好物の「鶏めし弁当」や、補給食のゼリーやドリンクをせっせと病室に運んだ。母はもう何日も前から、点滴のみで栄養補給を行っているというのに……。父は最後まで母の回復を信じているようだった。

母の通夜 父がまさかの告白

 がんを発症して約2年で、母は息を引き取った。その晩、葬式場に泊まり込んだ、父、兄、姉、私は、「しめっぽくなってもね」と、死に装束の母の隣で、ささやかな宴会を開いた。すると、酔っ払った父が、恥ずかしげもなく、子どもたちの前で、母との恋バナをはじめたのだ。

 「お父さんが、母さんに一目ぼれしたって、知っとった? 母さんの何に惚れたと思う?」と、上機嫌に話は進む。兄、姉、私が、「うーんと?」と答えを探す間に、父は先を急ぐ。

 「答えは、瞳です。母さんの瞳は、青かった。吸い込まれるような青。あの青い瞳に惚れたんよ」

 母は生粋の日本人で、青い瞳であるわけがないが、恋する父にはそう映ったのだろう。父の恋バナは、深夜まで続いた。

リモートワークで増える夫婦の時間

 独り身になって5年になる父は、毎晩、母の遺影をテーブルの上に置いて、一緒に夕飯を食べる。「母さん、おいしいね」とか、つぶやきながら。

 世間は、コロナショックの話題で持ちきりだ。恋とか愛とか、そんな話をする余裕もないみたい。だからこそ、提案したい。

 リモートワークで、夫婦が一つ屋根の下にいる時間が増えたのだ。どうだろう、「愛し合う時間」を設けてみては。「子どもがいるんだから難しいよ」と言われるかもしれない。いえいえ、たった10秒、手を握り合うだけでいいんです。ちょっと手を伸ばせば体温を感じられる――そんなささやかな幸せを、こんなときだからこそかみしめたい。(もろずみはるか 医療コラムニスト)

監修 東京女子医科大学病院・石田英樹教授

2 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

jinzo-prof1-150

もろずみ・はるか

医療コラムニスト
 1980年、福岡県生まれ。広告制作会社を経て2010年に独立。ブックライターとしても活動し、編集協力した書籍に『成約率98%の秘訣』(かんき出版)、『バカ力』(ポプラ社)など。中学1年生の時に慢性腎臓病を発症。18年3月、夫の腎臓を移植する手術を受けた。

夫と腎臓とわたし~夫婦間腎移植を選んだ二人の物語 もろずみ・はるかの一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事