文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

「強烈な殺意に貫かれた犯行」…相模原殺傷、植松被告に死刑判決

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 相模原市の知的障害者福祉施設「津久井やまゆり園」で2016年7月、入所者ら45人を殺傷したとして、殺人罪などに問われた元施設職員植松聖(さとし)被告(30)の裁判員裁判の判決で、横浜地裁は16日、被告の完全責任能力を認定し、求刑通り死刑を言い渡した。青沼潔裁判長は「強烈な殺意に貫かれた犯行で悪質性は甚だ高い。死刑をもって臨むほかない」と述べた。

 公判では事実関係に争いはなく、大麻を乱用していた事件当時の被告に、善悪を判断して行動を制御する責任能力があったかどうかが唯一の争点だった。

 検察側は起訴後の精神鑑定の結果を基に、「被告は人格に偏りがあるパーソナリティー障害だが、完全責任能力があった」と主張。これに対し弁護側は、鑑定とは別に被告を診断した精神科医の証言を根拠に、「障害者は不要と考えたところから実際の殺傷行為に至るまでには病的な飛躍がある。大麻乱用による精神障害の影響で異常な思考に陥り、突き動かされるままに行動した」として、心神喪失による無罪を求めていた。

 判決理由で青沼裁判長は、被告が語った「意思疎通のとれない重度障害者が不幸を生む不要な存在だから、自分が抹殺する」という動機について、到底認めることはできないが、施設で勤務した実体験から生じた形成過程は理解でき、「病的な飛躍はない」と指摘。職員が少ない夜間を狙い、犯行直後に警察署に出頭したことなどから、行動に計画性、合理性があり、違法性の認識もあったとし、「大麻などによる精神障害の影響があったとは言えず、責任能力が喪失または著しく低下していた疑いは生じない」と結論づけた。

 植松被告は16年7月26日未明、やまゆり園に侵入し、刃物で入所者19人を殺害、24人に重軽傷を負わせたほか、職員5人を拘束するなどし、うち2人にけがを負わせたとして起訴された。公判の被告人質問では、「責任能力を争うのは間違っている。自分には責任能力がある」と弁護側の方針に異議を唱え、「なければ即、死刑にすべきだ」と訴えていた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事