文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

石蔵文信の「男と女の楽しい更年期!」

医療・健康・介護のコラム

テレワークと休校で高まる「妻のストレス」…在宅夫に問われることは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 新型コロナウイルスが猛威をふるっています。感染は中国を始め東アジアから全世界に広がりました。WHOは先日、パンデミック宣言をしました。感染予防のために日本の企業では、事務職を中心にテレワークが急速に広がりつつあります。家庭では、子供たちの休校も長期化しつつあります。新型コロナウイルスの問題は、中高年夫婦の生活にも大きな影響をもたらすでしょう。

いるだけでも鬱陶しいのに…

 まだ現役の夫婦の場合を考えてみましょう。テレワークで、夫が在宅勤務をすると、夫婦が一緒にいる時間が増えます。夫の上から目線や支配的な行動が妻の体調を悪化させると考えて、私は約10年前に「夫源病」を発表しました。夫が忙しく働いている現役の時は、夫婦がすれ違うので大きな問題は起こらないようです。しかし、夫が定年になると、夫婦が一緒にいる時間が増えますので、「夫源病」は定年後に表在化するのが通常です。

 しかし今、新型コロナウイルスの影響で夫が在宅勤務するようになり、ストレスを感じる妻が増えているようです。夫が在宅勤務しているだけでも 鬱陶(うっとう) しいのに、昼になると食事を要求してきます。また、仕事の合間に「お茶」「コーヒー」などと呼びつけられたりするでしょう。テレワークや在宅勤務で難しいのは、自己管理能力と言われています。出社している時と同様な生活リズムを守り、なるべく妻に頼らないことが在宅勤務のコツだと思います。

長期間、夫婦二人で過ごさない

 では、定年世代への新型コロナウイルスの影響は何でしょうか? もちろん、感染した時は重症化リスクが高いので、十分に気を付ける必要があるでしょう。特に都心部では感染のリスクが高まります。お金に余裕がある方は、この際に地方の旅館やホテルに長期滞在してみてはどうでしょう。長期滞在を条件にすれば、値引きをしてくれるかもしれません。ただ、長時間、夫婦二人で過ごすと、お互いストレスを感じる可能性がありますので、朝食が終われば別行動をしたほうがよいのかもしれません。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ishiukura-prof150

石蔵文信(いしくら・ふみのぶ)

 内科・循環器・性機能専門医。大阪大学人間科学研究科未来共創センター招へい教授。大阪市内と都内で男性更年期外来を担当。主な著書に『夫源病』(大阪大学出版会)、『男のええ加減料理』(講談社)、『なぜ妻は、夫のやることなすこと気に食わないのか エイリアン妻と共生するための15の戦略』(幻冬舎新書)など。自転車による発電に取り組む「日本原始力発電所協会」代表を務め、男性向けの「ええかげん料理」の教室を各地で開くほか、孫育てに疲れた高齢者がネットで集う「孫育のグチ帳」を開設するなど多彩な活動をしている。ホームページは「男性更年期 夫源病 石蔵文信

石蔵文信の「男と女の楽しい更年期!」の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事