文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

埼玉で家族5人感染、各地で計61人確認…欧州帰国者の判明も相次ぐ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 新型コロナウイルスの感染拡大で、国内では14日、海外からの帰国者の感染が相次いで判明した。さらに埼玉県越谷市の家族5人の感染がわかったほか、長崎県でも初めて感染者が見つかり、この日、新たに感染が確認された人は計61人だった。

 東京都では8人の感染が明らかになった。このうち3人は、今月、英国やフランス、スペインからそれぞれ帰国していた。都は「欧州での流行拡大が東京での感染者の増加にも影響している」とみている。

 長野県でも、フランスに渡航していた20歳代の女性の感染がわかった。

 越谷市は14日、市内在住の40歳代の夫婦と10歳代の小中高校生の娘3人の家族5人が感染したと発表した。5人はすでに感染が判明している70歳代女性と同居している。埼玉県内ではほかに2人の感染もわかった。

 長崎県も壱岐市の30歳代男性の感染を明らかにした。同県内での感染確認は初めてとなる。兵庫県では11人、大阪府では10人、愛知県では7人の感染がわかった。

 一方、厚生労働省は14日、イタリアから帰国した20歳代男性について、成田空港の検疫所で感染が確認されたと公表した。空港検疫所での感染判明はこれまでに2例あり、今回で3例目となった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

<PR情報>

最新記事