文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

無症状感染者は9日間で陰性化 クルーズ船受け入れの藤田医科大が経過公表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス号」での新型コロナウイルス感染者ら128人を受け入れた藤田医科大学岡崎医療センター(愛知県岡崎市)が、無症状の感染者の経過について公表した。同センターで経過観察を行った無症状の感染者90人のうち87人が、3月6日夜の時点で、感染の有無を調べるPCR検査で2回連続、陰性が確認された。陽性とされた日から、かかった日数は9日(中央値)だった。日本感染症学会のウェブサイトに3月12日、掲載された。

 発表によると、同センターは2月18日から26日にかけて、無症状の感染者96人、濃厚接触者32人の計128人を受け入れた。濃厚接触者のうち8人が入所後に陽性と判定され、陽性と判定された人は104人に増えた。うち、他施設に移った人を除く90人について経過を分析した。

陰性化に15日以上要した例も12%

 入所者には、48時間の間隔でのどから検体を採取し、連続して2回のPCR検査で陰性が確認されるまで続けた。連続2回の陰性のうち1回目の採取日を陰性確認日と定義した。入所後1回目の検査は、クルーズ船で陽性とされた検査から平均6日後に行われた。

 その結果、陰性化するまでに要した日数は、中央値で9日だった。90人のうち81人が陰性化に6日以上を要した。陰性化を確認できた累積割合は、初回陽性の検体採取日から6日目で36%、7日目39%、8日目48%、9日目60%だった。

 多くの感染者では2回連続陰性となったが、20%で1回目陰性の後、再度陽性となる現象が見られた。12%では、2回連続陰性が確認されるまでに15日以上を要した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事