文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

「続・健康になりたきゃ武道を習え!」 山口博弥

医療・健康・介護のコラム

ひたすら食べて筋トレ、きつい稽古 極真会館を代表する選手に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
ひたすら食べて筋トレ、きつい稽古 極真会館を代表する選手に

夏合宿で指導する赤石誠さん(2018年7月。赤石さん提供)

高2で入門 最初はスタミナなく、稽古中にダウン

 複数の不良からボコられて火がついた「強くなりたい」という思い。

 立ち技格闘技の大会「K-1グランプリ」で戦う極真空手出身選手のかっこよさへの憧れ。

 池袋の総本部道場まで自宅から自転車で10分という近さ。

 これら三つがすべてつながり、高校2年生だった赤石誠少年は1998年6月、ついに極真空手に入門した。

 初日の稽古では、立ち方や構え、基本の突きや蹴りを教えてもらい、相手と突きや蹴りを出し合う「組手」の練習は見学だった。2日目か3日目からは、組手もやらせてもらった。しかし、中学3年生から高校1年生までほぼ2年間、ほとんど運動らしい運動をしていなかったから、なにしろスタミナがない。不覚にも、稽古の途中でダウンしてしまった。

 情けなかった。体力のなさや弱さを痛感し、「鍛え直そう」と決意した。それからは、毎日放課後に自宅で、拳立て(拳でやる腕立て伏せ)や腹筋、スクワットを50回×2セットずつ行った。体の大きな道場生に「どうすればそんなに大きくなれますか」と聞くと、「とにかく食べること」と言う。それからは、どんぶり3杯のご飯と、肉をたくさん食べるようにした。こうして、ひたすら食べてまじめに筋トレを続けた結果、半年ほどで体重が10キロ増え、80キロを超えた。

「たくさん食べないと、強くなれないよ~」

 そういえば、極真空手創始者の大山倍達総裁も、生前は弟子たちに「キミたち~、たくさん食べて、たくさん稽古しなさい」「たくさん食べないと、強くなれないよ~」などとよく指導していたと聞く。ご飯の普通盛りにさえ罪悪感を覚えてしまう50代後半の記者(山口)からすれば、遠慮なくたくさん食べられることって、「若者の特権」だとつくづく思う。ああ、うらやましい!

 さて、赤石さんは高校3年の時、黄帯で関東大会に出場した。重量級は層が薄いため出場したのは6人だったが、トーナメントを一本と技ありで3回勝ち抜き、見事、優勝した。トロフィーを家に持って帰ると、父親はすごく喜んでくれた。「空手をやって良かったな」。そう思った。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

yamaguchi_main3_400

山口 博弥(やまぐち・ひろや) 読売新聞東京本社編集委員

 1962年福岡市出身。1987年読売新聞社入社、岐阜支局、地方部内信課、社会部、富山支局、医療部、同部次長、盛岡支局長、医療部長を経て、2018年6月から編集委員。同年9月から1年間、解説部長も兼務。医療部では胃がん、小児医療、精神医療、慢性疼痛、医療事故、高齢者の健康法、マインドフルネスなどを取材。趣味は武道と映画観賞。白髪が増えて老眼も進行したが、いまだにブルース・リーを目指している。

「続・健康になりたきゃ武道を習え!」 山口博弥の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事