文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

【意思決定】「想(おも)い」を支える(1)人工呼吸器「装着」の1択

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
【意思決定】「想(おも)い」を支える(1)人工呼吸器「装着」の1択

電動車いすに乗って自宅近くを散策する押富さん(愛知県尾張旭市で)=尾賀聡撮影

 重症筋無力症を患う押富俊恵さん(38)の暮らしは案外、ふつうだ。

 歩けないし自力では呼吸できない。24時間人工呼吸器につながっている。声帯の機能も失った。のどの奥で音をつくる発声法を身につけたが、体調が悪いとそれも難しい。肺炎で年に5回は入院する。

 それでも、愛知県尾張旭市のマンションで、母(67)と暮らす。好きなものを食べ、好きな服を着て、夜でも雨でも車いすで出かける。仲間とつきあい程度に酒も飲む。障害者問題の啓発や地域活動をするNPO法人「ピース・トレランス」の代表理事も務める。

 押富さんの長い治療も、生きることも、日々の「意思決定」と共にあった。それは決して、たやすい道ではなかったけれど――。

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

最新記事