文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

WHO事務局長「パンデミックの危機が現実味増している」…封じ込め、予防継続訴える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
WHO事務局長「パンデミックの危機が現実味増している」…封じ込め、予防継続訴える

 【ジュネーブ=杉野謙太郎】世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は9日、スイス・ジュネーブでの記者会見で、新型コロナウイルスについて「多くの国に感染が広がった今、パンデミック(感染症の世界的な大流行)の危機が現実味を増している」と改めて警戒感を表明した。

 テドロス氏はその一方で「歴史上で初めて、制御されたパンデミックにできるかもしれない」とも述べ、各国政府による封じ込めと地域や個人による予防の継続を訴えた。「中国では感染者8万人のうち、70%以上が回復している」とも指摘した。

 WHOで緊急事態対応を統括するマイク・ライアン氏は、中国、シンガポール、韓国、日本の4か国について、感染防止対策の効果が出ているとの認識を示し、「局面を変えつつあるように見え、勇気づけられている」と述べた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事