文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

国内の感染状況「持ちこたえている」、長期的には再流行の恐れも…専門家会議

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
国内の感染状況「持ちこたえている」、長期的には再流行の恐れも…専門家会議

 新型コロナウイルス感染症を巡り、政府の感染症対策本部の専門家会議(座長=脇田 隆字たかじ ・国立感染症研究所長)は9日、国内の状況について、「爆発的な感染拡大には進んでおらず、一定程度、持ちこたえている」との認識を示した。19日頃をめどに北海道の対策の効果についての分析を公表する予定だ。これを踏まえ、政府は感染拡大を防ぐため、大規模イベントなどの自粛要請を19日頃まで続けることを検討する。

 同会議によれば、国内の患者は増加傾向にあるが、全体的には、国や自治体などの連携でクラスター(小規模な患者集団)の発生を比較的早期に発見できている事例もあるという。ただ、すべての感染状況は見えないため、依然として警戒は緩められないとしている。

 同会議は2週間前にあたる2月24日、「これから1~2週間が急速な拡大に進むか、収束できるかの瀬戸際」との見方を示した。

 長期的には、今回、国内での流行を抑えられても、再流行の恐れは続き、国外から感染が持ち込まれる事例は繰り返されるとみている。記者会見で同会議のメンバーは「新型コロナは暖かくなると消えるようなものではない。闘いを続けていかなければいけない」と述べた。

 一方、これまでの分析で、集団感染が確認された場の共通点は、〈1〉換気が悪い密閉空間〈2〉多くの人が密集〈3〉近距離での会話や発声――の3条件が重なっていたと指摘。分析を踏まえ、市民に対し、条件が同時にそろう場所や場面を予測し、避ける行動を求めた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事