文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

防護服で検疫、機内はガラガラ…入国制限で中韓ビザ280万件無効に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
防護服で検疫、機内はガラガラ…入国制限で中韓ビザ280万件無効に

中韓からの入国制限が強化され、ソウル便の乗客に防護服で対応する検疫官(9日午前8時39分、成田空港で)=大原一郎撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大防止のための新たな水際対策として、中国と韓国からの入国者に対し、到着後14日間、自宅や宿泊先などでの待機を求める入国制限措置が9日始まった。中韓両国に発給済みの査証(ビザ)の効力も停止され、両国からの入国者は極めて少なくなる。

 待機要請の対象となるのは、9日午前0時以降に中国と韓国を出発した航空機と船舶。第三国を経由して入国した人なども対象となる。航空機の場合、到着地は成田、関西の2空港に限定される。

 同日朝、成田と関西空港にはそれぞれソウル発の初便が到着したが、乗客は8人と3人だけだった。成田空港の検疫ブースでは、マスクに防護服姿の検疫官が発熱の有無を確認。入国者に14日間は自宅やホテルなどにとどまるよう要請し、待機場所の申告も求めた。

 待機場所への移動は自家用車とレンタカーに限り、電車やバス、タクシーなどの公共交通機関の利用を控えるよう求めている。こうした措置は要請であり、法的な拘束力はない。

 一方、外務省によると、今回の措置で無効となるビザは、中国が約280万件、韓国は約1万7000件に上る。8日までに日本に入国していた人は引き続き滞在することができ、14日間の待機要請の対象外となる。一定期間内に何回でも来日できる「数次ビザ」については、日本から一度出国し、再入国する際に無効となる。

 今後は、日本にいる親族が重病の場合など、人道的な見地からビザを発給するケースは想定されるが、ごく一部に限定する。このため、中国、韓国からの新規の入国者は、ほとんどいなくなる見通しだ。これらの入国制限措置は今月末まで継続する予定。

 成田国際空港会社によると、ふだんは中国(香港、マカオを除く)便、韓国便を合わせて1日あたり約150便が発着するが、9日は20便にも満たない見込みという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事