文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

感染者、15都道府県で新たに56人…ライブハウス関連は16人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 国内に居住する新型コロナウイルスの感染者は6日、秋田、山梨、岡山各県で初めて確認されるなど15都道府県で新たに計56人の感染が明らかになった。このうち16人が感染者が相次ぐ大阪市のライブハウス2か所を訪れていた。

 秋田市で感染が確認された60歳代男性は、集団感染が発生したクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」に乗船していた。2月19日に陽性と判明し、東京都内の医療機関に入院。同月下旬に2度の検査でいずれも陰性となり、29日に同市の自宅に帰宅したが、3月6日の再検査で陽性となった。

 山梨県の60歳代の男性会社員は2月下旬に大阪府と和歌山県を旅行で訪れていた。岡山県の60歳代の男性会社員は高知県に帰省中だった2月28日に同県須崎市の須崎税務署の確定申告会場を訪れていた。同税務署は6日に申告の相談や総合窓口業務を停止した。消毒した上で9日から再開する。

 大阪市のライブハウス「大阪京橋ライブハウスArc(アーク)」と「Soap opera classics Umeda(ソープ オペラ クラシックス ウメダ)」を訪れた人では、大阪府8人、兵庫県3人、東京都2人、さいたま市、長野県、奈良市各1人の男女計16人の感染が新たに判明した。

 加藤厚生労働相は6日の閣議後記者会見で、集団感染が発生したとみられる2月15、16日にアーク、19、23日にソープをそれぞれ訪れた延べ約400人に対し、「帰国者・接触者相談センター」に連絡するよう呼びかけた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事