文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

アラサー目前! 自閉症の息子と父の備忘録 梅崎正直

医療・健康・介護のコラム

「息子より一日だけ長く生きたい」と思ったこともあるけど…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

子どもは親より先まで生きていく

「息子より一日も長く生きたい」と思ったこともあるけど…

最近はつみき遊びが復活

 「私の夢は、息子より1日だけ長く生きること」

 走るのが得意な自閉症の青年を描いた2005年の韓国映画「マラソン」で、母親がつぶやいたセリフだ。この映画をDVDで見たとき、洋介はまだ中学生だったろうか。それはまさしく、僕自身が思っていたことだった。息子より先に逝くことを想像するたび、恐怖を感じていた。

 が、被災地を逃れた地で、小窓からママとパパを探していた男性に出会い、それから、僕の中で何かが変わったのだった。

 これが現実なんだ。子どもは親より先まで生きていく。重い障害があっても、高齢期を迎えることができるなら、それは親のものでも誰のものでもない、洋介の人生だ。

「パパはもう要らない」となるまでは

 僕らの住んでいる地域でも、グループホームの待機者は100人を下らないそうだ。親亡き後の体制を整えるのが親の最後の務めだが、容易ではない。でも、洋介の周りには、地域の小学校に通った6年の間にできた多くの仲間や先生、通所施設やショートステイの職員、ボランティアのおじさん、おばさんなど、少しずつだが見守ってくれる人たちが大勢いる。今では、昼間は東京の会社に行っている僕なんかよりもずっと、地元でずっと顔が利く存在なのだ。「洋ちゃんのお父さんですよね」と、街で声をかけられることも多い。

 当の本人は、誰とも相手の名前を言わないけれど、好きな人には男女を問わず(若い女性のことが多いが)、顔を3センチくらいまで近づけて「あいさつ」をする。洋介自身は、着々と自分の人生を築いているのだ。その力を信じて、「パパはもう要らない」となるまでは……。(梅崎正直 ヨミドクター編集長)

2 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

umezaki_masanao_prof

梅崎正直(うめざき・まさなお)

ヨミドクター編集長
 1966年、北九州市生まれ。90年入社。その年、信州大学病院で始まった生体肝移植手術の取材を担当。95年、週刊読売編集部に移り、13年にわたって雑誌編集に携わった。社会保障部、生活教育部(大阪本社)などを経て、2017年からヨミドクター。

アラサー目前! 自閉症の息子と父の備忘録 梅崎正直の一覧を見る

<PR情報>

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事