文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

感染調べるPCR検査、6日から保険適用…自己負担分は全額補助へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 厚生労働省は4日、新型コロナウイルスの感染の有無を調べるPCR検査を6日に公的医療保険の適用対象とすると発表した。保険適用されれば、「帰国者・接触者外来」(全国860か所)など感染対策が整った一部の医療機関の医師の判断で、保健所を通さずに検査を受けられる。

 価格は1万9500円(判断料含む)で、うち1~3割が自己負担となる。3割負担の場合、5850円となる。厚労省は自己負担分について当面、全額補助する方針だ。

 価格が1万9500円になるのは、検体を検査機関などに輸送して検査を実施する場合。医療機関内で検査を行った場合は1万5000円(同)になる。

 検査は現在、医療機関から依頼された保健所が必要と判断した場合、地方の衛生研究所で行われている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事