文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

今井一彰「はじめよう上流医療 あいうべ体操で元気な体」

医療・健康・介護のコラム

20年悩んだ頑固な下肢の出血 原因は思いがけない場所に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 「このまま死んでいくのはつらいんです」

 傘寿(80歳)の大台を目の前に控えたSさんが開口一番、こう私に告げたのは年始の大寒に近い、一年でも一番寒い日のことでした。

 「先生、この脚のせいで外出もままならないんです。このまま死を迎えるのはつらすぎます。何とかしてください」

 Sさんは、慢性色素性紫斑という病気を発症してしまいました。血管が弱くなり、破れてしまって血液がもれ出す病気です。血液がたまりやすい下肢に、症状が出やすいのが特徴です。Sさんには、さらに腎硬化症、痛風の持病があります。

生活の満足度落とす慢性色素性紫斑

20年悩んだ頑固な下肢の出血 原因は思いがけない場所に

慢性色素性紫斑。このような小さな赤い点々が脚全体に広がる

 この病気には20年前から気がついていたのですが、命には別状がないため、経過観察をするという程度でした。Sさんはインターネットを駆使して、いろいろな情報を集めましたが、あまり有益なものは見つかりませんでした。

 命の危険はないかも知れませんが、両脚に赤い発疹が広がっているのは見た目にもつらく、皮膚がかゆかったり、熱を持ったりして不快です。このような、生活の満足度を落とす病気というのもやっかいです。他人から見たら「死ぬこともないんだし、痛いとかの症状が出るわけでもないし」と思われるのでしょうが、Sさんの悩む姿を前にして、そんなことを軽々しくいって勇気づけるわけにもいきません。

 ちょっとここで、慢性色素性紫斑について簡単に説明しましょう。中年期以降に両脚、それも ()(たい) の前側に小さな点状の出血斑が見られる病気です。血液は体の下の方にたまりやすいので脚に病変が出るのです。普通の湿疹と違うのは、赤くなったところを押しても退色しない(もとの皮膚の色に戻らない)ところです。原因は加齢による血管の (ぜい)(じゃく) 性(もろくなる)やアレルギーの関与なども言われますが、病巣疾患が関係しているときがあります。

 治療ははっきりと定まっておらず、弾性ストッキングをはいて血液が溜まらないようにする対症療法がとられます。Sさんも、ぎゅっと皮膚を圧迫するロングタイプのソックスをはいていましたが、それでも出血斑が消えたり、少なくなったりすることはありませんでした。

原因は? 病巣疾患?

 Sさんが私のクリニックに来た理由は「どこに病巣があるか調べてもらいたい」というものでした。今はいろんな病気のことがすぐにインターネットで検索できます。良い情報も悪い情報もありますし、誰が書いたのか分からない記事も多いですね。まさに玉石混交です。ましてや慢性色素性紫斑というマイナーな病気のことなど詳しくは載っていません。それでも根気よく検索していくうちに、病巣疾患からもこの病気が起こることを知り、もしかしたら自分も良くなるのではとわずかな望みをかけたのです。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

imai_kazuaki_200-200

今井 一彰(いまい・かずあき)

 みらいクリニック院長、相田歯科耳鼻科内科統括医長

 1995年、山口大学医学部卒、同大学救急医学講座入局。福岡徳洲会病院麻酔科、飯塚病院漢方診療科医長、山口大学総合診療部助手などを経て2006年、博多駅近くに「みらいクリニック」開業。日本東洋医学会認定漢方専門医 、認定NPO法人日本病巣疾患研究会副理事長、日本加圧医療学会理事、息育指導士、日本靴医学会会員。

 健康雑誌や女性誌などに寄稿多数。全国紙、地方紙でも取り組みが紹介される。「ジョブチューン」(TBS系)、「林修の今でしょ!講座」(テレビ朝日系)、「世界一受けたい授業」(日本テレビ系)、「ニュースウオッチ9」(NHK)、「おはよう日本」(同)などテレビやラジオの出演多数。一般から専門家向けまで幅広く講演活動を行い、難しいことを分かりやすく伝える手法は定評がある。

 近著に「足腰が20歳若返る足指のばし」(かんき出版)、「はないきおばけとくちいきおばけ」(PHP研究所)、「ゆびのば姿勢学」(少年写真新聞社)、「なるほど呼吸学」(同)。そのほか、「免疫を高めて病気を治す口の体操『あいうべ』」(マキノ出版)、「鼻呼吸なら薬はいらない」(新潮社)、「加圧トレーニングの理論と実践」(講談社)、「薬を使わずにリウマチを治す5つのステップ」(コスモの本)など多数。

今井一彰「はじめよう上流医療 あいうべ体操で元気な体」の一覧を見る

<PR情報>

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事