文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

本ヨミドク堂

医療・健康・介護のコラム

『小夏を探す旅』 川上夏子著

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
『小夏を探す旅』 川上夏子著

 妊娠34週、医師はエコー画面を映しながら、「動いてないね」と言った。臨月を目前にした子宮内胎児死亡だった。

 陣痛促進剤を使っての「出産」、まるで眠っているような赤ちゃん、お菓子やカエルのガラガラを入れた (ひつぎ) 。「小夏」と名付けた子の骨壺を抱いて自宅へ帰ると、用意している子ども部屋が目に入った――。

 筆者は1974年生まれ、福岡県出身のグラフィックデザイナー。いくつかの著書があるが、本書については、「書くべきか書かざるべきか、10年間悩みました」としている。その10年をかけた「小夏を探す旅」で、たどり着いたものは何だったのか。

 妊娠経験のある女性の41%が流産を経験しているという。「あのときの孤独を私は忘れられない」と言う筆者が紡ぎだす言葉は、きっと誰かの心を支えるだろう。

 (書肆侃侃房 1500円、税別)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

本ヨミドク堂

本ヨミドク堂
ヨミドクター編集室が注目する新刊書を紹介します。医療、健康、介護、福祉関連の書籍を幅広く取り上げていきます。

本ヨミドク堂の一覧を見る

最新記事