文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

保険適用後のウイルス検査、自己負担3割なら「5400円」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 新型コロナウイルスの感染の有無を調べるウイルス検査について、厚生労働省は28日、来週半ばにも検査を公的医療保険の適用対象とし、価格を1万8000円とする方針を示した。このうち1~3割が自己負担で、3割負担の場合、5400円となる。

 価格が1万8000円となるのは、検体を検査機関などに輸送して検査を実施する場合。医療機関で検査を行った場合は1万3500円になる見通しだ。ただし、厚労省は、自己負担分についても補助する方向で調整している。

 検査は現在、医療機関から依頼を受けた保健所が必要と判断した場合、各地の地方衛生研究所などで行われている。感染拡大を抑える「行政検査」の位置づけで、全額公費で実施される。

 保険が適用されれば、保健所を通さずに受けられるようになり、検査件数が増える可能性がある。検査を受けられるのは、感染の疑いのある人を診察する「帰国者・接触者外来」を設置しているなど、一部の医療機関に限られる見通しだ。

 行政検査の枠組みは今後も残る。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事