文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

田村専門委員の「まるごと医療」

医療・健康・介護のコラム

臨床研究や診療指針づくりに患者・市民の視点を PPI(患者・市民参画)とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

AMEDがガイドブックを作成

 病気の治療法の研究や指針づくりに、患者や市民が加わる「PPI(患者・市民参画)」という言葉を目にするようになった。PPIとは、「Patient and Public Involvement」の頭文字をとったもの。患者や市民が参画することによって、研究対象者(患者)の保護が図られることや、専門家にはない視点が加わることで研究内容がより充実することなどが期待され、欧米を中心に取り組みが進んでいる。

 日本でも従来、患者と医療者が協働してよりよい医療を目指そうという取り組みが個々に行われてはいるが、まだ一部にとどまっているのが現状だ。研究者の間でも意識には大きな温度差があるという。そんな中、医療分野の研究開発の司令塔としての機能を担う「日本医療研究開発機構(AMED)」が2017~18年度にかけ調査を行い、研究者側に向けて具体的な導入の仕方について説明したガイドブックを19年4月に発行するなど、体系化や普及に向けた動きが少しずつ進み始めている。

 ちなみに、医療分野でPPIと言えば、逆流性食道炎やピロリ菌の除菌治療などに用いられる胃酸分泌抑制薬(プロトンポンプ阻害薬)が有名。「Proton Pump Inhibitor」の頭文字で、もちろん全く別の意味だ。

患者・市民参画の意義とは?

臨床研究や診療指針づくりに患者・市民の視点を PPI(患者・市民参画)とは?

(AMED作成のPPIガイドブックより引用)

 一口に患者参画と言っても、様々な範囲やレベルを指すことがあり、AMEDのガイドブックでは、「医学研究・臨床試験における患者・市民参画」について、「医学研究・臨床試験プロセスの一環として、研究者が患者・市民の知見を参考にすること」と定義した。

 医学研究・臨床試験に患者・市民の視点を取り入れることには、どんな意義があるのか。ガイドブックは大きく三つの観点から説明している。

 一つは、研究倫理の面から。臨床研究の対象者(被験者)の保護が図られるとともに、結果を参加者に返却することなどを通じて、研究者と患者・市民の信頼関係の構築につながることが期待される点だ。

 二つ目は、専門家が気づきにくい患者・市民ならではの経験に基づく視点が加わることで、研究がよりよく、充実したものになることだ。たとえば、専門家にとってはそれほど重要と思われなかった研究結果でも、日々病気と向き合う患者や家族にとっては、大きな意味を持つ場合も考えられる。

 三つ目は、研究の民主化という観点から。専門家だけが議論して決めるよりも、研究に新たな価値が加わって、人々にとって研究が身近になることが期待される。また、研究の計画や立案段階から患者・市民の視点が導入されることで、より社会に必要な課題解決を実現できる可能性が高まる、としている。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

tamura-yoshihiko_profile

田村 良彦(たむら・よしひこ)

 読売新聞東京本社メディア局専門委員。1986年早稲田大学政治経済学部卒、同年読売新聞東京本社入社。97年から編集局医療情報室(現・医療部)で連載「医療ルネサンス」「病院の実力」などを担当。西部本社社会部次長兼編集委員、東京本社編集委員(医療部)などを経て2019年6月から現職。

田村専門委員の「まるごと医療」の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事