文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療相談室

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

頭皮の痛み、脱毛 改善せず

 1年前に、頭皮全体が針で刺されたように痛み、髪の毛も抜け続けたため皮膚科を受診しました。飲み薬や塗り薬を半年間続けても効果は感じられません。現在も、常に髪を引っ張られているような痛みと脱毛が続いています。(56歳女性)

ステロイド注射 検討を

坪井 良治  東京医科大学病院皮膚科教授(東京都新宿区)

 脱毛症には様々な種類があり、対処法も異なります。代表的なものには、10円玉大の脱毛ができる「円形脱毛症」や、いわゆる薄毛とも呼ばれ徐々に進行する「壮年性脱毛症」、そして、高熱やダイエット、出産などが原因で一時的に脱毛が進行する「休止期脱毛症」が挙げられます。

 中でも、円形脱毛症は頻度の高い病気です。免疫細胞が髪の根元部分(毛包)を誤って攻撃してしまう自己免疫疾患の一つと考えられています。境界のはっきりした脱毛斑を生じることが多いのですが、質問者のように、急速に脱毛が進行して髪が全体的に薄くなることもあります。毛包が攻撃されているので、頭皮に痛みや、かゆみを伴う場合も見受けられます。

 質問内容によると、半年を経過しても軽快していないようです。過剰な免疫反応や炎症を抑えるために、これまでの治療に加え、頭皮へのステロイド注射を検討するのがよいのかもしれません。

 また、脱毛範囲が広い場合には、あえて人工的に頭皮をかぶれさせることで、免疫反応を起こす「局所免疫療法」もあります。この治療は公的医療保険では認められていませんが、毛包を攻撃する免疫細胞の矛先を変える作用が期待されています。実施している医療機関に相談してみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療相談室 新着回答

一覧へ

相談を投稿する

オンライン相談の投稿ができるのは、読者会員に限ります。

  • 相談と回答は紙面に掲載されることもあります。すべての相談にはお答えできません。また、個別には回答いたしません。

直接相談する

24時間電話医療相談サービス

相談するには

オンライン相談の投稿ができるのは、読者会員に限ります。読売新聞ご購読者で読者会員登録をされた方が、有料(プラス)登録すると、電話による医療相談が24時間365日ご利用いただけます(相談料・通話料は無料)。

読売新聞読者会員の有料登録は、月額200円(税抜き)です。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。