文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

深層NEWSフライデー

医療・健康・介護のニュース・解説

「いびき」に潜む危険なサインを見逃すな! 原因から改善法まで

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 周囲に指摘されないと、自覚しにくい「いびき」。実は、睡眠中に何度も呼吸が止まる睡眠時無呼吸症候群のサインかも……。睡眠時無呼吸症候群は、高血圧や脳 (こう)(そく) 、糖尿病など様々な生活習慣病につながる「万病の元」。たかがいびきと侮れません。危険ないびきの原因や改善法を紹介します。(司会・右松健太キャスター、久野静香アナウンサー)

【ゲスト】

白濱龍太郎(しらはま・りゅうたろう) RESM新横浜クリニック院長。社会医学系指導医。睡眠学会専門医。監修『こんなに怖い 図解 睡眠時無呼吸症候群』(日東書院)

外木守雄(とのぎ・もりお) 日本睡眠歯科学会理事長。日本大学歯学部教授。歯科医師・口腔外科専門医/指導医。睡眠学会歯科専門医。顎顔面手術が無呼吸症に有効とし、新たな外科治療を確立

「いびき」に潜む危険なサインを見逃すな! 原因から改善法まで

舌や軟口蓋が下がり、気道が狭くなって振動

久野 右松さんはいびきをかかれますか。

右松 自覚はしていませんが、妻に「お酒を飲んだ日の夜は結構うるさかったよ」なんて言われることがあります。読売新聞編集委員の山口博弥さんにもトークに参加していただきますが、山口さんはどうですか。

山口 私はほとんどないですが、父親が昔すごく太っていて、象が鳴くようなものすごいいびきをかいていました。社員旅行で朝起きたら相部屋の相手が避難していたとか。なので、遺伝するんじゃないかという不安はあります。

右松 なるほど。単なるいびきと侮っている方も多いかもしれませんが、これは実は万病の元、重大な病気のサインかもしれません。今夜は危ないいびきについて話をうかがってまいります。早速ですが、そもそもなぜいびきをかくのか、そのメカニズムを教えてください。

id=20200220-027-OYTEI50012,rev=2,headline=false,link=true,float=left,lineFeed=true

白濱 我々は、起きているときは、空気の通り道は確保されていますが、眠っているときに様々な原因で、舌や軟口蓋という口の裏側の部分が下がってきてしまう。そうすると気道が狭くなり、空気の流れが悪くなります。そして振動が生じて、いびき音が出てきます。特に口呼吸になっていると、いびきが出やすいです。

右松 鼻で呼吸をしているよりも、口で呼吸をしていると、気道が狭くなったときに振動音が大きくなってしまうということですね。

白濱 そうですね。例えば、花粉症のシーズンに完全に鼻が詰まって口呼吸になっている自覚がある方は、恐らく、それが癖になっている可能性があるので、いびきが生じている可能性も高いと思います。

原因は様々 骨格や体重、加齢による筋力低下

右松 昔に比べて、いびきをかく人、悩んでいる人の数は増えていますか。

白濱 いろいろな原因でいびきをかくのですが、例えば、あごが小さいことも一つの原因かもしれません。かつてに比べて、我々アジア人は少しあごが小さくなっている傾向がありますし、様々なアレルギーで鼻が詰まって口呼吸になっている方もいます。閉経後の女性にいびきが結構ふえているということも話題になっています。いくつか原因はあると思いますが、増加傾向にあるのかなという気がします。

久野 お酒の話もありましたけれども、特に何か要因がなければ、いびきは自然に治るものではないんですか。

白濱 繰り返しになりますが、原因はいくつもあり、骨格的な要素など、なかなか変わらないものがあります。それに体重増加や呼吸の癖など、いくつか可逆性があるものが組み合わさる。だから、もとの骨格の問題もあるけれども、太っていびきをかいているような方は、そこが変われば治る可能性もありますし、もとの骨格の要因に加え、年齢とともに筋肉が緩んで生じているいびきに関しては、なかなか自然に治らないことが多いと思います。

id=20200220-027-OYTEI50013,rev=2,headline=false,link=true,float=left,lineFeed=true

外木 いびきには2種類あります。鼻の奥で発生する鼻いびきと、のどの奥で起きるいびき、これは舌いびきとも言います。共通点、わかりますか。いずれも息を吸っているときに起こります。いびきは、普通は息を吸うときにかきやすい。気道の周りにある軟組織、粘膜とかが、息を吸うときに咽頭の奥に吸い込まれて発生します。これが、息を吐いているときにも起こるようだと重症です。

いびきをかきやすい、太く短い首、小さなあご……

右松 いびきをかきやすい人の三つの外見的な特徴を、ボードに示しました。左側は少しふっくらして太く短い首、真ん中は小さいあご、そして右側が平べったい鼻ということです。

id=20200220-027-OYTEI50014,rev=2,headline=false,link=true,float=center,lineFeed=true

白濱 イメージ的には、西郷さんみたいに首が短い方はいびきをかきやすい。ただ、真ん中の小さいあごのように太ってなくてもいびきをかき、無呼吸になります。日本人は、太っていなくてもいびきをかく人が多く、あごが小さい、鼻が平べったい、口呼吸に頼りがち、というのも大きな要素だと思います。

右松 たかがいびきと思って放置してしまうと、どのような状況になるのでしょうか。

外木 まず、いびきをかいているから、「この人は寝ているんだ」と思うのは勘違いです。いびきをかいているときは、息が十分肺に入っていません。だから、息をしていても、その人は非常に苦しい思いをしています。

右松 いびきをかいている人を見ると、豪快に気持ちよさそうに寝ているなんて、ほほ笑ましく思ってしまったりすることがありますが、逆ですね。

外木 その通りです。これからは、いびきをかいている方は苦しんでいる、そのように思っていただければ幸いです。

1 / 6

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

sinso_news_eye

深層ニュースFRIDAY
 「深層ニュース」は日本テレビ・BS日テレ・読売新聞が共同制作し、BS日テレで毎週月曜~金耀の午後10時から放送。金曜日は、人生100年時代を幸せに過ごすカギとなる健康やお金をテーマに展開している。 番組サイトはこちらをクリック

深層NEWSフライデーの一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事