文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

「エアロゾル感染あり得る」中国政府、診療指針を改訂

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 【北京=比嘉清太】中国政府の国家衛生健康委員会は19日、新型コロナウイルスによる肺炎の診療指針の改訂版を発表し、主な感染ルートとされる飛沫ひまつ感染や接触感染に加え、唾液などの微小な粒子が空気中を浮遊するエアロゾルによる感染があり得るとして警戒を呼びかけた。

 指針では、密閉された環境で長時間、ウイルスを含んだ高濃度のエアロゾルにさらされた場合に、感染が起きうるとしている。こうした感染は、せきやくしゃみなどの飛沫より小さいエアロゾルが空中に分散したときに起きるもので、「空気感染」の一種とみる説もある。上海市当局が今月8日にエアロゾルによる感染へ警戒を呼びかけたが、中国衛生当局は「根拠はない」としていた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事