文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

街で障害のある人と出会ったら~共生社会のマナー

医療・健康・介護のコラム

「障害」の原因はどこにある?…駅のホームで考えた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 ヨミドクターをご覧のみなさま、サービス介助士インストラクターの冨樫正義です。今回は、障害のある人が駅のホームや列車内で困ることは何なのか、またその原因はどこにあるのかを一緒に考えていきましょう。

「多数派」に合わせた仕組みやルールが

「障害」の原因はどこにある?…駅のホームで考えた

介助は、バリアをなくすための行動とも言えます

 例えば、車いす使用者が駅を使用する際は、「通常の改札より幅の広い改札を選んで通らなければならない」「券売機のボタンの位置が高く使用しにくい」「ホームまで行くのにエレベーターが必要である」「ホームと電車の間に隙間や段差があるため、一人では乗降しにくい」「多機能トイレの数や場所が限られている」などがあります。

 これらの困りごとと障害の関係については、二つのとらえ方があります。「困りごとがあるのは、その人が歩けないからだ」というふうに、心身機能の制約が原因ととらえる考え方を「障害の個人(医学)モデル」と言います。それに対し、「健常者など『多数派』に合わせて作られている社会の仕組みやあり方が、障害のある人にとっては障壁(バリア)となっているのだ」と考えるのが、「障害の社会モデル」です。つまり、駅や電車が、歩いて使うことを前提に作られているため、車いすの人には使いにくくなっている、というわけです。

 どちらの考え方であっても、障害のある人にとって困難が存在することに変わりはありません。しかし、障害の社会モデルの視点で考えれば、原因は社会の側にあることから、状況を改善すべきなのは、本人ではなく社会の方であり、「障害のある人に配慮することは社会の責務である」と言うことができます。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

togashi-prof150

冨樫正義(とがし・まさよし)

 1973年、埼玉県生まれ。桜美林大学大学院卒(老年学研究科修士号)。日本サッカー協会 施設委員。法律事務所、不動産関係会社、人事コンサルタント、専門学校講師を経て、現在、サービス介助士、防災介助士、認知症介助士などを認定・運営する団体「公益財団法人日本ケアフィット共育機構」(0120‐0610‐64)のインストラクターとして、年間50社以上の企業対象研修を担当するほか、企業のバリアフリー・ユニバーサルデザインのコンサルティングも行う。

街で障害のある人と出会ったら~共生社会のマナーの一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事