文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

アラサー目前! 自閉症の息子と父の備忘録 梅崎正直

医療・健康・介護のコラム

どうして「ハイハイ」ができないの!?…夫婦でお手本を見せた日々

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

親がお手本を見せなくては

 寝返りを打って、うつぶせにはなるが、そこから前には進まない。手足を動かして前進するのが難しいようだった。そうしているうちに、洋介なりに進む方法を見いだした。あおむけのまま、足と背筋の力で、ずりばいして来るのだった。

 若かった僕ら夫婦は、「ハイハイって、誰かが教えなければ、できるようにならないのかも」と考えた。であれば、親がお手本を見せなくてはいけない。そこで、夫婦そろって、「洋ちゃん、こうだよ。イチ、ニ、イチ、ニ……」と、ハイハイをして見せることにした。当の洋介は、自分の回りをママとパパが四つんばいでぐるぐる周回しているのを、あおむけで反り返りながら、毎日もの珍しそうに眺めていたのだった。

 ハイハイという動作は、考えてみると複雑だ。両腕と両足を連携させて、リズミカルに動かす必要がある。通常の発育では自然と身につくのだろうが、発達障害のある子どもの場合は、苦手だったり、できなかったりすることがあるそうだ。自閉症の洋介にとっては、とても難しい課題だったのかもしれない。

 

ハイハイせずに立っちゃった!

アルバムには「生後2か月で、もう前進しそう」という言葉が添えられているが、結局、この姿勢から進むことはなかった


 そして、強く反り返る動きも、発達障害の場合にしばしば見られることだという。あおむけのままズリズリ進んでくる動きは、まさにそうだった。 背中側に反り返る力が強いために、抱っこをするのが大変だったことも思い出す。腕に力を入れていないと、そのまま後ろに落っこちてしまいそうになるのだ。その違いは、次男が生まれて初めてわかった。ちゃんともたれかかってくれるので、「抱っこって、こんなに楽だったのか」と思った。今振り返ると、洋介の成長過程には、発達障害に典型的な傾向があったのだ。

 そんなことも全く知らない僕ら夫婦は、あきらめず、二人でハイハイを続けていたが、ある時、洋介はすくっと立ち上がってしまった。ハイハイをせずに、いきなり、たっちができたわけだ。僕らは、「ま、いいか。立っちゃったんだから」と、能天気な親だったのである。(梅崎正直 ヨミドクター編集長)

2 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

umezaki_masanao_prof

梅崎正直(うめざき・まさなお)

ヨミドクター編集長
 1966年、北九州市生まれ。90年入社。その年、信州大学病院で始まった生体肝移植手術の取材を担当。95年、週刊読売編集部に移り、13年にわたって雑誌編集に携わった。社会保障部、生活教育部(大阪本社)などを経て、2017年からヨミドクター。

アラサー目前! 自閉症の息子と父の備忘録 梅崎正直の一覧を見る

1件 のコメント

コメントを書く

すみませんでした

匿名希望

読んでいるうちに勝手に涙があふれてきました。ヨミドクターはよく読ませていただいていましたが、どうせ編集しているのは対岸の火事の人達なんだろうなと...

読んでいるうちに勝手に涙があふれてきました。ヨミドクターはよく読ませていただいていましたが、どうせ編集しているのは対岸の火事の人達なんだろうなと思っていたから。自分の僻み根性いっぱいの勘違いが恥ずかしいのか、分かっている人が情報を発信していることへの安堵なのか、久しぶりに泣きました。
発達障害のある子を持つ親のブログなどもよく読みますが、変にポジティブだったり、奇跡待ち(途中で健常になる)で確定診断がでると突然ブログを辞めてしまったりで、フラットな目線で書いている方がすごく少ないので、さすがにプロの目線と文章は違うのだなと思いました。

つづきを読む

違反報告

すべてのコメントを読む

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事