文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

なが~く、楽しくお酒と付き合うために 重盛憲司

医療・健康・介護のコラム

バーテンダーがいる店で、心身のストレスを解消したい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 昨年9月、私は大型台風の迫る東京・晴海の会場で、日本各地から集まった100人ほどのバーテンダーたちを相手に、お酒についてのお話をしました。長年アルコール依存症の治療に携わってきた精神科医として、「飲酒と健康」というテーマで講演を、という依頼だったのですが、「お酒を扱うプロフェッショナルである彼らに、どんな話をしたら役立つだろう」と考え、「 酩酊(めいてい) と良い飲ませ方」について話すことにしました。

お客さんにどれくらいのお酒を飲ませるのか

バーテンダーがいる店で、心身のストレスを解消した

 9月とはいえ、まだまだ残暑の厳しい季節です。私はお気に入りのアロハシャツを着て会場入りしました。すると、バーテンダーの皆さんは、そろいのブレザーをビシッと決めて着席しているではありませんか。彼らのプロ意識に少し 気圧(けお) されましたが、私もプロフェッショナルです。たとえアロハシャツを着ていても、いい加減な気持ちで臨んでいるわけではありません。講演の中身で勝負です。

 「バーテンダーの皆さんにとって、良い飲ませ方とはどんなものでしょうか」。聴衆に問いかけるように話を進めます。

 「お客さんがいい気分になる頃合いまで飲ませて、またお店に来たいな、と思わせられたら成功ですね」。小さな笑いが起こり、場が和みました。

 「適量の飲酒は健康に良いなどと言われていますが、バーテンダーのいるようなお店に来る、飲みなれたお客さん相手では、一般的に言われている『ほろ酔い』相当のお酒を飲ませるだけでは、ちょっと足りませんよね」

 会場のバーテンダーたちがうなずきます。きっと思い当たる節があるのでしょう。

 「そうかと言って、強いカクテルを次々飲ませて、翌日には記憶も財布もすっからかんでは、そのお客さんは二度とその店に来てくれないでしょう」。再び小さな笑いが起きました。

目指すのは単純酩酊と複雑酩酊の間

 その後、以前 このコラム でも紹介した単純酩酊と複雑酩酊など、酩酊の種類について説明しました。単純酩酊はほろ酔い、複雑酩酊はアルコールに刺激されて興奮したり、言うことが支離滅裂になってきたりした状態です。バーテンダーが目指すところは単純酩酊と複雑酩酊の境目あたり、アルコール摂取量で言うと、4~6単位(ウイスキーならダブルで2杯程度)ぐらいと話しました。

 バーテンダーの腕の見せ所は、客がそのアルコールを摂取する時間を、どのように演出するかというところでしょう。美しい所作でカクテルを作り、気の利いた話題を提供することも大事でしょうが、私自身の好みで言うと、黙ってアイスピックで氷を削りながら、優しい表情で愚痴を聞いてくれるようなバーテンダーが理想です。

 たとえバーテンダーが何も言わなかったとしても、そこにはコミュニケーションが存在します。バーテンダーのさりげない心遣い、優しさがそこにあり、客はひと時の癒やしを得るのです。同じ6単位のアルコールでも、嫌なことを忘れようと一気に飲むのと、誰かに話を聞いてもらいながらゆっくり飲むのとでは、心身に与える影響が異なります。

人間関係のストレスは人にしか癒やせない

 急激な血中アルコール濃度の上昇は、内臓に負担をかけるのはもとより、急性アルコール中毒やブラックアウトなどのリスクを高めます。そして、お酒を飲んで忘れたはずの「嫌なこと」は解決されないまま残っており、心を重くさせることでしょう。

 昨今は直接的な対人コミュニケーションを面倒なものととらえ、食事もお酒を飲むのも一人が気楽でいいという風潮がありますが、人間関係によるストレスと無縁で生きていくわけにいかない以上、上手なストレスの解消法を身に付けるのは必須と言えるでしょう。SNSなどで不特定多数の相手に自分の言いたいことを発信するのは、一時的に気持ちが晴れるかもしれませんが、新たなストレスの種にもなる 諸刃(もろは) の剣です。

 今回、大勢のバーテンダーを前に話をしてみて、私自身も「良いバーテンダーがいる店でお酒を飲める喜び」を再確認しました。彼らは略称である「バーテン」ではなく、「バーテンダー」と呼ばれることを望んでいます。私にとっては、バーにいるテンダー(優しい)な人。人間関係で受けたストレスは、やはり人にしか癒やせないのだなあと思います。(重盛憲司、精神科医)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

shigemori_prof

重盛憲司(しげもり・けんじ)

心療内科・精神科医 1952年、長野県生まれ。慶応義塾大学医学部卒業、慶応義塾大学医学部精神・神経科学教室を経て、国立療養所久里浜病院(現・国立病院機構久里浜医療センター)にてアルコール依存症などの治療に携わる。また、厚生省(当時)でアルコール関連問題対策を担当。一方、自身では長年にわたり様々なお酒を愛飲。クラフトビールやシングルモルトウイスキーが近年のマイブーム。趣味は学生時代から続けるアイスホッケーと、自宅近くのマリーナからヨットで海に出ること。現在は洗足メンタルクリニック院長。テレビ番組の出演多数。

なが~く、楽しくお酒と付き合うために 重盛憲司の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事