文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

産業医・夏目誠の「ハタラク心を精神分析する」

医療・健康・介護のコラム

パワハラを繰り返す有能な部長に「アスペルガー症候群」の疑い……どうするか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 私はメンタル系産業医をしています。金融機関の支社の総務部長から、入社3年目で25歳、情報システム部に所属するシステムエンジニアの木田太郎さん(仮名)の面談をしてほしいと依頼されました。「同じ部内に彼と同様の不調者がいるので、その点も考慮しながら対応してほしい」とのことでした。

部長の直接指導が精神的につらい

パワハラを繰り返す有能な部長に「アスペルガー症候群」の疑い……どうするか

イラスト 赤田咲子

私:メンタル系の産業医をしています夏目です。よろしく。

木田さん:情報システム部でソフト作成をしています。

私   :総務部長から不調があると聞いていますが。

木田さん:率直に申し上げると、部長がストレスなんです。指導方法や 叱責(しっせき) です。本来は直属の課長の仕事だと思うのですが、部長が若手指導と称して行っています。

私   :それで。 

木田さん:「指導は1回しか言わない」と宣言します。1回だけの説明では頭に入らない場合もあります。聞きに行っても、「自分で考えろ」と突き放します。

私   :ほかの人も、同じですか。

木田さん:そのようです。

私   :叱責は、どのように?

木田さん:厳しい表情、大声で一方的に20分も。

私   :それから。      

木田さん:(しんどい様子で)「木田、また、同じミスをするのか」「給料泥棒だ」「今度すれば、会社やめろよ」「会社も助かるんだ」……という感じです。

私   :事実とすれば、精神的な攻撃ですね。

木田さん:この繰り返しですから心が折れて、会社に行けなくなりました。有給休暇の間に総務部長の訪問があって事情を聞かれました。

 木田さんの話をもとにした、総務部長とのやり取りです。

同じ部内で数人がメンタル不調などに

総務部長:総務部長の高山ですが、心配しています。

木田さん:ありがとうございます。

総務部長:実は上田部長の部下で、同じような状態の人がいます。

木田さん:私以外にも?

総務部長:数人います。木田さんには、どのような対応でしたか?

木田さん:一方通行で、大声で、20分も責めるのです。

総務部長:同じパターンですね。

木田さん:何とかなりませんか。

総務部長:わが社は、彼が設計したシステムを使用し、かつ仕事ができる部長なので、本部長も注意が難しいようです。

木田さん:私は、このままですか?

総務部長:自宅待機にします。

 木田さんの件で総務部長に面談を申し入れました。

15年以上前からパワハラ、総務部長面談で

私   :木田さんの件です。

総務部長:対応を考えてはいます。

私   :今回が初めてでしょうか?

総務部長:調査しました。係長、課長時代にもパワハラが疑われる案件があり、しんどくなった部下もいました。15年くらい前からですね。

私   :そうでしょうね。

総務部長:退職者も数名いました。

私   :長期間、多くの部下にパワハラですね。気になることがありますので、上田部長と直接面談したいと考えています。

総務部長:う~ん。上田部長とね……。

私   :上司として部下に、どう対応したら良いかをテーマにしたいと思います。

総務部長:致し方ないですね。

「部下の出来が悪い」と部長に反省なし

私   :産業医の夏目です。部下の木田さんの件です。

上田部長:仕事ののみ込みが悪く、ミスも多い。

私   :ミスはあったでしょう。しかし、指導法にも問題がありますよ。

上田部長:(怒った口調で)指導はしているんだから、のみ込めない木田が悪い。彼のせいで、部員が困っているんだ。

私   :いつも、そのような話し方ですか?

上田部長:これが私のやり方だ。実績を上げているから、問題はない。

私   :一方的な指導ではないでしょうか?

上田部長:指導は1回で十分だ。

私   :その人に合わせた方法が必要と思いますが……。

上田部長:(怒りが高まり)そんな時間はない。忙しいんだ。

私   :メンタル不調者が出ているという事実がありますよ。

上田部長:できない奴に、時間は取れないんだ。帰る。

 面談を終える間際に、私は上田部長に「多くの業績を挙げ、頑張っている点は、さすがです。ただ心身の疲れがたまっていると思いますので、一度、私か、ほかの医師でも構いませんが、相談に行かれたらどうですか」と助言しました。

「アスペルガー症候群」ではないかと推測

 医師への面談を勧めたのは、上田部長に「アスペルガー症候群」があるのではないかと考えたからです。専門的に言えば「広汎性発達障害」の1型です。特徴として、1.一方的に主張し続ける 2.相手の言動がのみ込めないため、会話になりにくい 3.他者の気持ちが理解できず、相手が嫌がることも平気で言い続ける――といった点があります。

 上田部長の指導は、一方的で大声で主張するだけ。硬い表情で、相手と1回も視線を合わせず、会話にならない。しかも嫌がることを言い続けているわけです。産業医として面談はしていますが、診察をしていないので、あくまでも推測です。

「社風」や「見ぬふり」「部長への評価」が対処できない要因

 上田部長のパワハラ傾向は、15年くらい前から続いていたのに、なぜ対応できなかったのでしょうか。1.運動部出身者が多い体育会系の会社で、ひどい言動をパワハラと思わない社風や文化がある 2.できる社員なので、見て見ぬふりをする 3.自分の仕事で精いっぱいの人が多く、他者のことは気づきにくい――などの原因があると考察しました。

産業医として部長を部下のいないポストに配置転換を要望

 どう対応するかです。部下をメンタル不調などに追い込み、退職者も出ているわけですから、上田部長を「部下を持たず指導もしない、部長相当職の参事にしてほしい」と、産業医として総務部長に強く助言しました。アスペルガー症候群の疑いについては推測にすぎないので、その点は理由に含めていません。総務部長は、最初は抵抗していましたが、起こっている事実を重視し、本社の人事担当取締役に状況を報告しました。

 総務部長は取締役から、「彼は実績がある人なので、経営会議で説明がいる。意見書がいる」と言われたので、私が意見書を作成しました。もちろん、アスペルガー症候群の可能性については触れていません。上田部長は支社から本社の情報システム部に上がる形ですが、部下のいない専門職として赴任しました。

 そして会社側には、被害者を出さないように、「パワハラ防止研修」を実施し、会社の上層部も問題意識を持つよう助言しました。

最後に、「マコトの一言」で締めさせていただきます。
id=20200218-027-OYTEI50006,rev=2,headline=false,link=true,float=center,lineFeed=true
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

natsume-prof

夏目誠(なつめ・まこと)
 精神科医、大阪樟蔭女子大名誉教授。長年にわたって企業の産業医として従業員の健康相談や復職支援に取り組み、メンタルヘルスの向上に取り組んでいる。日本産業ストレス学会前理事長。著書に「中高年に効く! メンタル防衛術」「『診断書』を読み解く力をつけろ」「『スマイル仮面』症候群」など。ブログ「ストレス点数の夏目」はこちら

産業医・夏目誠の「ハタラク心を精神分析する」の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事