文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

千葉の感染男性、発症後も都内に電車通勤…中国人?と会議同席

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 新型コロナウイルスの感染問題で、千葉県は14日、感染が確認された県内の20歳代の男性会社員の行動歴を発表した。男性は発症後も東京都内に電車通勤していたという。感染源は特定できていない。県は都に対し、職場での接触者などを調査するよう依頼した。

 男性は今月2日に発熱し、翌日県内の診療所を受診した。その後も別の診療所を受診するなどしたが、熱が続きせきも出たため、10日に4か所目の医療機関となる病院で肺炎と診断された。同日から入院し、症状が悪化したため13日に検査を受けて感染が確認された。

 県は13日に「発熱後も計3日間出勤していた」と発表したが、精査の結果、出勤は4、7日の計2日間だったとした。男性は事務職で直前の海外渡航歴はないが、潜伏期間にあたる1月19日~2月1日に計2回出席した社内会議で、中国人とみられる人を含む十数人が同席していた。

 県が「濃厚接触者」として把握している男性の妻と子供2人、同僚数人は症状が出ない限り、通常の生活を送るという。

 久保秀一・県健康危機対策監は記者会見で「電車での同乗は、濃厚接触にあたるとは考えていない。(通常の生活で起こる)市中感染というよりは、散発的な事案の段階だ」と話した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事