文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

松丸奨の「おとなの給食アレンジレシピ」

[ きょうの健康レシピ ]

エクササイズ・健康・ダイエット

カブと豚肉のみそいため…柔らかな食感がくせになる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 小学校栄養士の松丸奨です。今日は、最高のジューシーさ、おいしさ抜群のレシピ「カブと豚肉のみそいため」のご紹介です。

 カブの柔らかな食感がくせになる健康レシピです。カブにはジアスターゼとよばれる消化酵素が含まれていて、胃もたれや胸焼けに効果があるといわれています。焼き加減で食感は相当変化するので、調理の仕方で毎回楽しめる野菜です。葉の部分にはカロテンやビタミンB1、B2、Cなどが含まれているので、汁物に入れると栄養価を上手に摂取することができます。

 お肉などのジューシーな料理との相性が良く、くせのない味は料理全体をさっぱりとさせてくれます。塩分が入ることで、甘みが出てくる野菜なので、漬物にも重宝されます。

他にもサラダや、シチュー、スープに入れるなど、汎用性が高い野菜ですね。千葉県の柏市ではカブソフトクリームが名物になっています。冬~春だけの限定販売ですが、この時期になると私もお店へ足を運んでいます。カブはこの時期の楽しみ。ぜひ、おいしいカブのレシピを楽しみましょう。

[作り方]

(1) 豚肉は適度な大きさに切る。シメジは小房に分け、ニンジンはいちょう切り、カブはくし形切り、キャベツは短冊切り、ピーマンは乱切りにする。

(2) フライパンを中火で加熱し、ゴマ油を引いてから、豚肉とカブ、ニンジンとシメジを入れ、ショウガを混ぜ、いためる。火が通ったらキャベツとピーマンを入れる。

(3) (2)に火が通ったら、(A)の調味料と水を入れ、蓋をして1分。全体に味をなじませ、白ゴマをふって完成。

 (レシピ作成 栄養士 松丸奨)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

松丸奨の「おとなの給食アレンジレシピ」(金曜日)_20160101_人物大

松丸奨(まつまる すすむ)

東京・文京区立金富小学校栄養士。
1983年、千葉県生まれ。華栄養専門学校卒業。第8回全国学校給食甲子園優勝。塩分やカロリーが控えめで、だしや味つけ、彩りにこだわったレシピ作りに励んでいる。著書に、ママと子の「ごはんの悩み」がなくなる本 体も心も元気にのびのび育つ63の質問(サンマーク出版 )「子どもがすくすく育つ 日本一の給食レシピ」(講談社)

◇◇◇ ご購入はこちら ◇◇◇

松丸奨の「おとなの給食アレンジレシピ」の一覧を見る

最新記事