文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

くも膜下出血

シリーズ

高次脳機能障害(1)交通事故 頭強打し後遺症

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
高次脳機能障害(1)交通事故 頭強打し後遺症

リハビリに取り組む様子を書き留めたノートを見ながら、入院当時について語る加藤貴之さん(左)と母のえりかさん

 友人とスキー場に向かっていた。2012年2月、大学4年生だった加藤貴之さん(31)らが乗った車は、岩手県北上市の高速道路で大型トラックに追突され、大破した。後部座席の加藤さんは前方に投げ出され、頭を強く打った。近くの病院に運ばれたが、意識不明の重体だった。

 「意識が戻る可能性は、ほぼないでしょう」

 東京から駆けつけた両親に、医師の言葉が非情に響いた。脳挫傷、くも膜下出血、びまん性軸索損傷などの診断名。体に目立った傷はないが、呼びかけても返事はない。目も開けない。ピクリとさえ動かない。数日がヤマ場だと言われた。

 幸い心肺機能は安定し、命の危機は脱したが、母のえりかさん(61)は、重すぎる現実に押しつぶされそうだった。いったん実家に戻って心身を休めていたところ、看病していた親戚からメールが届いた。

 「問いかけに反応が見られたそうです。希望が見えた気がします」

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

「くも膜下出血」に関連する記事

予防

シリーズ

医療相談室で見る

「くも膜下出血」に関連する相談を見る