文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

ニュース・解説

日本人男性が武漢で死亡、新型肺炎疑いで入院中の60歳代

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 外務省は8日、中国・湖北省武漢市で、重度の肺炎を発症して入院していた60歳代の日本人男性が死亡したと発表した。男性は「新型コロナウイルスの陽性の疑いが高い」と診断され、重篤な状態が続いていた。入院先の病院から同日、在中国日本大使館に連絡があった。

 男性は武漢市在住で、1月16日に発熱し、22日から同市内の病院に入院した。病院が新型コロナウイルスに感染しているかどうかを調べるため、初期検査を実施したところ、陽性反応が確認された。ただ、病院は「確定的な判断をすることは困難」として、男性の死因を「ウイルス性肺炎」と判断している。

 外務省は現地大使館を通じ、男性の家族と連絡を取り、支援を続ける。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事