文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

ニュース・解説

新型肺炎、横浜港のクルーズ船で新たに41人の感染を確認

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 厚生労働省は7日、新型コロナウイルス感染者が乗っていたクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」(乗船者3711人)で、熱などの症状がある人らの検査が全て終わり、新たに乗客41人の感染が確認されたと発表した。すでに確認されていた20人を合わせ、3日夜に同船が横浜港に到着して以降、船内で確認された感染者は計61人に上る。

 同船は、1月20日に横浜港を出港。この船に乗り、途中の香港で下船した香港在住男性の感染が判明したため、同省は有症者ら計273人についてウイルス検査を実施していた。

 同省によると、感染者61人を国・地域別にみると、日本が28人、米国11人、オーストラリアとカナダが各7人、香港が3人、台湾、フィリピン、アルゼンチン、ニュージーランド、イギリスが各1人。61人のうち、乗員は1人で残りは全員乗客だった。7日に感染が判明した41人は東京、埼玉、千葉、神奈川、静岡の医療機関に入院する。

 一方、感染者を除く約3650人は原則14日間、停泊中の船内で待機することになっており、下船は19日以降となる見通しだ。船内では専門家の意見を踏まえ、重症化しやすい高齢者らを対象に追加で検査することも検討している。

 同船の感染者61人を含め、これで国内で確認された感染者は計86人となった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事