文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

新型肺炎患者にエイズ治療薬投与、熱下がる…「使用は慎重に判断」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 国立国際医療研究センターは6日、新型コロナウイルスに感染し肺炎になった患者に対し、エイズ治療薬を投与したことを明らかにした。副作用はみられていない。

 センターによると、エイズ治療薬を使ったのは中国・武漢市に滞在歴がある中国人。1月に来日後、発熱などの症状を訴えた。同30日に新型肺炎と診断され、その日からエイズ治療薬を使用。その後、軽い呼吸困難がみられたが、今月3日に熱が下がり、体のだるさもなくなってきているという。

 この薬は、重症急性呼吸器症候群(SARS)が流行した地域などで、患者に使用したことがある。今回、治療にあたった大曲貴夫・国際感染症センター長は「新型肺炎の患者がどのような経過をたどるか不明だったため、症状の改善を期待して使った。これまでのところ、国内では症状が重くならない人が多く、今後の使用は慎重に判断したい」と話している。

 岩本愛吉・東京大名誉教授(ウイルス学)は、エイズ治療薬の使用について、「海外での使用事例はまだ少なく、はっきりした効果も不明だ。中国などと協力して薬の効果を検証するべきだ」と指摘している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事