文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

心のアンチエイジング~米寿になって思うこと 塩谷信幸

コラム

「弱きもの、汝の名は?」……フレイル?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 都心にある虎の門病院は、日本を代表する病院のひとつですが、大内尉義(やすよし)院長は、大学の後輩で旧知の間柄なので、新年のごあいさつと、昨年開院した新病院の見学に訪れました。大内院長は日本の老年医学のリーダーの一人で、2017年には学会として、「高齢者の定義を65歳ではなく75歳に」という問題提起をしました。また、病院長としては15年に高齢者総合診療部を開設しています。複数の病気を持っていることが多い高齢者は、臓器別の診療では不十分という考えからです。新病院の開設で、各診療科も高齢社会に向けて刷新されたそうです。

フレイルは病気と健康の間

「弱きもの、汝の名は?」……フレイル?

 確かに、21世紀に入ってからの人類の平均寿命の伸びは素晴らしく、これまでの老人に対する考えは全てにおいて改める必要があるでしょう。大内院長ら老年医学の専門家は14年に、高齢者の健康について、新しい考えを打ち出しました。「フレイル」という捉え方です。訳せば「 脆弱(ぜいじゃく) 」でしょうか? 聞いたことがある方も多いと思います。

 高齢に伴う身体機能の衰えは、「老化」と呼ばれている自然現象ですが、これが進行すると、やがては老人病を発症します。では、自然の老化と老人病はどこで線引きをするのでしょうか? 大内院長にお伺いました。「線引きは難しいですね。機能が衰えて日常生活に支障をきたすようになったら老人病と呼ぶことにしています」というお答えでした。なんとも曖昧ですね。

 病気と健康の間にはっきりした境目があるわけではなく、白から黒へと徐々に状態は変化するわけです。そのグレーの段階がフレイルと考えれば良いでしょう。大事なことはいったん老人病が発症してしまうと、なかなか元には戻せないが、フレイルの段階なら生活習慣を改めるなどして、健康な老化に戻せるということです。人によっては病気以前、「未病」と呼ぶ方もあるようです。

対処の方法は、ライフスタイルの改善

 この時点ではまだ病気ではないので、対処の方法は治療ではなくライフスタイルの改善にあります。やはり基本はバランスのとれた食事と適度な運動、そして良質な睡眠ということになります。そのほか腹式呼吸を軸にした呼吸法、また必要に応じてサプリメントの摂取。すなわち、アンチエイジングの心得でもあり、いわゆる「健康法」でもあります。

 余談になりますが、我々昭和一ケタ世代はフレイルという言葉を聞いたとき、ハムレットが母親に投げつけた小気味好いセリフを思い出します。

 「弱きもの、 (なんじ) の名は女なり!」(Frailty. Thy name is woman!)

 今は違います。女性の平均寿命が男性より10歳上なのは、統計的にも世界中の文明国で明らかな傾向です。確かに、社会的活動でも女性の方が生きがいい。僕が8年間主催している「アンチエイジング塩谷塾」でも、150人の卒業生のうち、男性は数人しかおりません。“弱きもの、汝の名は男なり!”といわれぬよう男性諸君もアンチエイジングに励んでください。(塩谷信幸 アンチエイジングネットワーク理事長)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

shioya_prof

塩谷信幸(しおや・のぶゆき)

1931年生まれ。東京大学医学部卒業。56年、フルブライト留学生として渡米、オールバニ大学で外科および形成外科の専門医資格を取得。64年に帰国後、東京大学形成外科、横浜市立大学形成外科講師を経て、73年より北里大学形成外科教授。96年より同大学名誉教授。日本形成外科学会名誉会員、日本美容外科学会名誉会員。NPOアンチエイジングネットワーク理事長、日本抗加齢医学会顧問、アンチエイジング医師団代表としてアンチエイジングの啓蒙活動を行っている。

心のアンチエイジング~米寿になって思うこと 塩谷信幸の一覧を見る

1件 のコメント

コメントを書く

フレイルを遠ざける仕組み

寺田次郎 関西医大放射線科不名誉享受

フレイルもロコモも要するに心身のトレーニングに導くためのキーワードで、整形外科的な問題が内臓にも伝播するということをどういう風に伝えるか上層部は...

フレイルもロコモも要するに心身のトレーニングに導くためのキーワードで、整形外科的な問題が内臓にも伝播するということをどういう風に伝えるか上層部は腐心しているわけです。

基本的に男の方が弱いのは心身の表面上は女性の方が繊細でも、根っこの部分ではタフに作られているからではないでしょうか?
現在の社会的な流れはともかく、出産育児機能はベースは女性のものです。
また、生活形成は女性に任せられていたわけで、自分にやりやすい方式をみずから採用可能です。

そういう与件はどうしようもないですし、受け容れるべきは受け容れ、抗うべきは抗うという当たり前のことですが、一度辞めてしまうと毎日5分の筋トレすら続かないのが人間の弱さで、仕組み作りが大事になります。

あれもこれも、良い所ばかり取ろうとすると、なかなかうまく行かないわけで、一つ一つ取り入れるか、全体のバランスを見て一気に変えるか、人それぞれですね。

つづきを読む

違反報告

すべてのコメントを読む

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事