文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

中国本土の感染者2万8千人、死者563人…武漢で病院増設進む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 【北京=比嘉清太】中国政府の国家衛生健康委員会は6日午前、新型コロナウイルスによる肺炎の中国本土の感染者が2万8018人に増え、死者は563人になったと発表した。5日に新たに感染が確認されたのは3694人で、3日連続で3000人以上のペースで増えている。

 患者が集中している湖北省武漢市の感染者数は前日から1766人増え、1万人以上に達した。中国中央テレビ(電子版)によると、市内では4日時点で病院の空きベッドは421床しかなく、医療体制は切迫している。5日夜に記者会見した地元の共産党幹部は、多数の感染者らが入院できない状態だと述べた。

 地元紙・長江日報(電子版)によると、市内では突貫工事で完成した臨時病院「火神山医院」に続き、新たな臨時病院「雷神山医院」も8日の稼働開始を目指して建設が続いている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事